地金を研磨する感覚

更新日:

人が切る以上、地金をけがいた線の通りに糸鋸でキレイに切るのは不可能である。

ポイント

ちなみにけがいた線とは、切りたい箇所に目印を付けること。
その目印を頼りにデザインを整えていくのだ。

なので、地金を切った後、必ずおこなうのが、やすりで地金を削る、” やする ”という研磨の作業である。

研磨するために使う彫金工具は、

  • 鉄ヤスリ
  • リューターに差し込んで使う研磨用の先端ビット
  • ペーパーヤスリ

などが代表的だ。

地金の厚みや削り具合によって、この道具を使い分けて理想の形まで削り整えていく。

しかし、この研磨という作業、以外と苦戦している方が多い。

けがき通りに削れないのだ!

そこで今回は、ヤスリでデザインを整えるときに、ボクがどんなことを考えているのか、このやする感覚や技術的な視点をお話できたらと思います。

スポンサーリンク

うまく研磨できない理由とは

やする作業がうまくできない方に、その理由を尋ねてみると、

「どこを削れば整ってくるのかが判らない。」
「やっているつもりなのだがそうならない。」

という答えがもっとも多かった。

どこを削れば整ってくるのかが判らない!?

そんなあなたは「完成未来予想図」となるその最終的なデザイン(かたち)というものが、しっかりと頭の中にイメージ・把握できていないのかもしれない。

左側が地金を切り抜いた正面画像ですが、この地金には、右側のようなデザインイメージがけがかれている。

(まずは、けがき線が残るように余裕を持って切り取られていることが条件となる。)

そして、そのけがき線からはみ出した地金部分を削り出してデザインを整えていく流れになる。

 

ボクは頭の中で完成した全体像をイメージしながら、

「今やすらなければいけないところはどこなのか?」
「ここはこの位やすっておいて様子を見よう」

など、全体を常に意識しながら、個々のバランスが崩れている原因箇所を修正していくようにしています。

やっているつもりなのだがそうならない!!

さて、やすり方の流れは判ったけど、でも、やすってみたけどそうならないのはどうして!?

逆にどんどん歪んでいくような・・・

こんなことが起こってきます。

 

じつはあなたが頭で考えている、指令を送っていることと、体が反応する(動いている)ことに、若干のズレが生じているのです。

誰もが起こることなので心配はいりません。

が、

この感覚のズレを、整えるべきけがき線の位置までに修正する必要があります。

 

例えば、この下の画像は2mm厚の地金板の断面図です。

赤線がけがきの整え線です。

このけがき線よりも余裕の位置で真っ直ぐ切ったつもりが、右斜めに切れてしまったとしましょう。

まだ整え位置のけがき線より余裕があるので、これを鉄ヤスリで直角に真っ直ぐになるように整えていきます。

これが修正です。

しかし、直角真っ直ぐに鉄ヤスリを当てたつもりでしたが、今度は左斜めに削れてしまいました。

これが感覚のズレですね。
まだ、けがき線までは余裕があるので、修正を加えていきましょう。

すると今度は、「あれっ?丸くなってきちゃった!!」

まだ感覚のズレが修正できていないようです。

このように、自分が感じている感覚と実際に削れた角度から、軌道修正を繰り返し、直角にヤスリ面が当たる位置を体で導き出していきます。

そして「これだっ!」と角度が決まったら、上下にヤスリをこする時に、その角度がズレていかないように頭の中で「今、当たっているヤスリ面」をイメージしながら、削ってみるのです。

この感覚のズレの修正作業を、整えるべきけがき線上までに終わらなければいけません。

修正ができずにこれを越えてしまうと、デザインが崩れてきてしまうというわけです。

 

まとめ

デザイン正面では、けがき線からどこがはみ出して歪んでいるのか見極め、
そして、断面の角度を同時に意識しながら削り、その修正がピタリとけがき線までに整えられれば、
思い描いた通りのデザインに仕上げられるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.