ワックスリーマーの代用はこの方法

更新日:

ワックスリングのサイズを大きくする時には、
通常は、ワックスリーマーを使って削っていくと早くてキレイに削れる。

しかし、今回はそのリーマーを持っていない時の、
リング穴をキレイに削る方法を紹介します。

スポンサーリンク

リーマー不要のリング穴整形法

用意するもの

  • チューブワックス
    穴あり(T-1062など)
    穴なし(B-1062)
  • サイズ棒
  • 耐水ペーパー(#600、#1000)
  • スプリングコンパス
  • 糸ノコフレーム&ワックス用ノコ刃
  • すり板&クランプセット
  • 甲丸ヤスリ
  • ドリルビット

リング穴の長さを内径早見表で調べる

号数12345678910
内径(mm)13.0013.3313.6614.0014.3314.6615.0015.3315.6616.00
号数11121314151617181920
内径(mm)16.3316.6617.0017.3317.6618.0018.3318.6619.0019.33
号数21222324252627282930
内径(mm)19.6620.0020.3320.6621.0021.3321.6622.0022.3322.66

チューブワックスの穴は、8号サイズに出来ています。
約15.33mmです。

なので、
8号以上に穴を大きくする場合は、穴ありのチューブワックス
8号未満の場合は、穴なしのチューブワックスを使用します。

8号以上の場合


サイズ棒の希望の号数あたりに、耐水ペーパー(#600)を巻きます。


15号ぐらいまでの穴を削る時には、
側面にスプリングコンパスでケガきを入れるのが難しいので、
直接、削っていきます。
時折、サイズ棒で号数を確認しましょう。
耐水ペーパーヤスリの番手を#600⇒#1000で磨いていく。


16号ぐらいになると、スプリングコンパスでケガけるので、
内径表でサイズを調べ、
リング側面にケガキ線を入れてから削っていきます。
 

8号未満の場合


穴なしのチューブワックスに、希望号数の内径をケガきます。


ドリルビットでノコ刃を通す穴を開けます。


けがき線の内径よりやや余裕をもった位置を切っていきます。


甲丸ヤスリで内径をけがき線近くまで整えていきます。


サイズ棒の希望の号数あたりに、耐水ペーパーを巻き、削っていきます。
耐水ペーパーヤスリの番手を#600⇒#1000で磨く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.