撮影から画像アップまで1商品1時間!ネット販売に通用する画像加工

更新日:

ネットショップでは商品の画像をどうように載せるかで、
そのモノの価値を大きく変えることができるのです。

まずはこの画像を見てください。
どこにでもあるデジカメで撮ったアクセサリーの画像です。

どうですか?

まあ、ピントも合っているし、画像としては悪くないですね。
だた、周りにホコリが落ちているのが気になるかな。

まあ画像としては、可のなく不可もなくってな感じです。
あまりこの画像からなにかを感じさせるってものは出てきませんよね。
 

それでは、これはどうでしょう

なにか感じますか?
パーティーなどでこのピアスを付けるのかな
ちょっと妖艶で艶やかな印象を与えてくれそう
シックな大人の雰囲気を醸し出している
こんな感じの耳元を飾ってくれるピアスアイテムに見えてきます。

この仮面の画像と背景色によって、
このピアスにそんなイメージを連想させるのです。
 

ネットで販売するためには、
その商品になにか印象付けをしなければいけません。
 

その商品を紹介する人や身につけている人に、
インパクトや憧れなどがあれば良いのですが、
芸能人やインフルエンサーではないので、
その人が持っているものだからとか紹介しているものだからとか、
そこに価値観を付けることが出来ません。
 

ただキレイに写真を撮って、ネットに掲載しただけではダメなのです。

何かを感じさせたり、伝えることができる、
そんな画像を作り出さないといけません。
 

装着したイメージを伝えたいのならば、こんな画像が必要ですし、

商品自体のデザインや構造などにクローズアップしたいならば、こんな画像が良いでしょう。

 

モデルも背景も実際のものは使わない

このようなイメージが伝わる画像を撮るためには、

普通ならば、
カメラマンやモデルさんを雇って、わざわざ撮影したり、
色々な背景のセットを用意して、撮影に挑まなければいけないですよね。

もし、これらすべての作業が、
一人で完結することができるとしたら。
 

実際に、今見てもらったすべての画像は、
ボクが作業場内だけで作成した画像たちです。

しかも、撮影から画像がネットにアップできる状態まで1商品1時間くらいで仕上げられます。
 

カメラマンやモデルを頼んで、背景などのセットも商品毎に変えたりと、
果たして1商品ネットにアップするまでどのくらいかかるのでしょうか?

仮に1時間以内で終わるとして、
その撮影に関わる費用はどのくらいになるのでしょう?

 
他にもこんな画像が作れます。


 

撮影セットの作り方から、デジカメの撮影方法、画像加工のテクニックまで、
ネットで販売する人が必要とする画像スキルやテクニックが学べる環境がここにある。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.