【手作りアクセサリー3分動画】ブレスパーツのマンテルリングのワックス原型の作り方

更新日:

ワックスでフォックスでマックス先生だ~

今回は、ブレスレットによく使われるエンドパーツ(つなぎ合わせるためのパーツ)。
マンテルリングをワックスで作っていこうと思います。

このアクセサリーを作ることで、
学ぶことができるスキルや考えるべき課題はというと、

  • ワックスの盛り付けスキル
  • ワックスの削り出しスキル
  • シンメトリーデザイン

3Dの立体造形は兎にも角にも、盛って彫るだけ。
この作業のスキルのレベルで作れるデザインのクオリティーが決まる。

それでは今日も元気に~3分彫金で~MAX!MAX!

スポンサーリンク

ブレスレット用マンテルリングのワックス原型


盛り付けデザインが入ったブレスレットの留め具「マンテルリング」のワックス原型を作ろう。

彫金動画

この映像には、マンテルリングのワックス原型製作の映像がおさめられている。

必要な材料と道具

  • ワックスペン
  • ドリルビット
  • リューター(あれば作業がスムーズ)
  • 糸鋸フレーム
  • 糸鋸刃(地金用&ワックス用)
  • ワックスリーマー(スタンダード)(細)
  • スプリングコンパス
  • 粗目ヤスリ(平または半丸)
  • ラウンド型の切削ビット
  • 耐水ペーパーヤスリ(#600、#1000)
  • スパチュラ(平刀型)(耳かき型)(針型)
  • 精密ヤスリ各種(半丸)
  • スポンジヤスリ
  • 刷毛(100均に売っているものでOK)
  • スリ板&クランプ

マックス先生の制作アドバイス

ワックスのペン先は、極細にカスタマイズしたものを使うと繊細な盛り付けができるぞ。
ペン先は、普通サイズと極細サイズの2本持っていることをおすすめする。
 

ワックスの盛り付けは、思い描いたデザインよりやや膨らみがあるな~ぐらいで良いです。
多少、いびつでもOK。
その後のスパチュラでの削り出しで、整えればいいからさ。

だから、盛り付けが足りないってのは、ダメよ。

ワックスペンで多めに盛って、スパチュラで削ぎ落とし、デザインにしていく。

これが、盛り付けデザイン制作のパターンだからね。
そこんとこ、よろしく!
 

丸い凹み部分をきれいに整えるには、映像にもあった通り、
リューター用の先端工具の ”ラウンドタイプ切削用ビット” が重宝するよ。

この工具は、地金に穴を開ける時に使う工具なんだけど、
ちょくちょくワックスでも使っていくので、各サイズ揃えておくと便利だよ。

直径0.5mm、1mm、2mmあたりを持っていれば、ワックスでは大丈夫。

地金制作になったら、もっと細かくサイズを揃えておきます。
 

このワックス原型を作るためには、
切るための糸ノコ
削るためのヤスリ
彫るためのスパチュラ
くっつけたり盛り付けするためのワックスペンなどの
基本となるスキルのテクニックを覚える必要があります。

そのまえの準備として、どんな道具を揃えればいいのかも知識として必要です。

準備からスキル習得までの流れをネットから学べるのがメンバー講読なんです。

それから改めて、この動画を見てもらえるとより理解が深まりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-アクセサリー解剖学
-, , , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.