【手作りアクセサリー3分動画】数珠用ブレスレットパーツのワックス原型の作り方

更新日:

ワックスでフォックスでマックス先生だ~

今回は、パワーストーンブレスレットに付ける数珠用パーツをワックスで作ってみよう。

このアクセサリーを作ることで、
学ぶことができるスキルや考えるべき課題はというと、

  • ワックスを糸鋸で透かす技術

地金の透かしスキルのステップアップとして、まずはワックスで体験しておいてほしい。

それでは今日も元気に~3分彫金で~MAX!MAX!

スポンサーリンク

数珠ブレスレット用ビーズキャップのワックス原型


数珠玉のアクセントとして、数珠ブレスレットをちょっとエレガントに魅せるためのビーズキャップである。

3分彫金動画

この映像には、透かし模様のビーズキャップのワックス原型製作の映像がおさめられている。

必要な材料と道具

  • 糸鋸フレーム
  • 糸鋸刃(地金用&ワックス用)
  • ドリルビット
  • ラウンド型の切削ビット
  • 耐水ペーパーヤスリ(#600、#1000)
  • スパチュラ(平刀型)(針型)
  • 精密ヤスリ各種(長方形、三角、半丸、鋭三角)
  • スポンジヤスリ
  • 刷毛(100均に売っているものでOK)
  • スリ板&クランプ

マックス先生の制作アドバイス

通常、この手の透かしデザインは、地金から作るのだが、
今回はワックススキルアップと糸鋸の透かしスキルに慣れてもらうためにあえて、
ワックスで作ってみた。

透かしのデザインの整え方は、
ワックスの切断面を基準にややワックス側に糸鋸の刃を傾け、
その状態のまま、切断面のカタチに沿って並行に上下させながらスライドしていくのだ。

透かし作業中はワックスを折らないように気をつけよう。

パーツが小さいので透かし部分をきれいに整えるのは難しいぞ。
 

さて、ビーズキャップはネットを検索すれば、山ほど出てくる。
しかも、安価なのだ。

もちろん、素材は真鍮素材にメッキ加工したものばかりだがね。
 

もしも、オリジナルのシルバーやゴールド、プラチナのビーズキャップが欲しいという場合はに、挑戦してみてもいいだろう。
 

このワックス原型を作るためには、
切るための糸ノコ
削るためのヤスリ
彫るためのスパチュラ
くっつけたり盛り付けするためのワックスペンなどの
基本となるスキルのテクニックを覚える必要があります。

そのまえの準備として、どんな道具を揃えればいいのかも知識として必要です。

準備からスキル習得までの流れをネットから学べるのがメンバー講読なんです。

それから改めて、この動画を見てもらえるとより理解が深まりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-アクセサリー解剖学
-, , , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.