彫金ができる環境を考える

更新日:

これから制作活動をしていくための彫金に適した環境とはどんなものかを考えていきます。

これを読めば、今あなたが住んでいる環境で地金やワックスを扱った本格アクセサリーの制作活動ができるかどうかが分かるはずです。

スポンサーリンク

音について

地金制作

金属を「切る」「削る」「磨く」特に「叩く」作業の時に大きな音が出てしまいます。

集合住宅や防音環境が整っていない場所では夜の作業は控えるなど、音に気を使う必要がありますね。

ワックス原型制作

ロウソクに似た素材を使用するため、切ったり削ったりしても作業音は静かですので、音に気を使う必要はありません。

 

火気について

地金制作

金属同士をくっつけるロウ付けという作業で、火を扱うことになります。

ロウ付け場所には必ず、耐火レンガや耐火材を置いて作業をするようにします。

防炎用スプレーなども売られているので、ロウ付けで使う机やその周りなどを防炎加工しておくと安心ですよ。

ワックス原型制作

火は使いませんが、ワックスペンというハンダごてのようなペン先が熱くなるアイテムを使います。

ワックスペンの周りに燃えやすいものを置かないように気をつけましょう。

 

汚れについて

地金制作

アクセサリーの仕上げ磨きで、バフがけという研磨作業をします。
集塵ボックスを使わないでバフがけすると、部屋中にバフかすが舞い散ります。

バフかすは部屋中に落ちて埃が積もっていくようにそこら中に溜まり、指でこすればその部分が黒く汚れてしまいます。

集塵ボックスがあると便利なのですが、購入するとなると意外と高いんですよね。
そこで、集塵ボックスは自分で作ってしまいます。
メンバーの皆さんには、集塵ボックスの作り方を教えています。

ワックスの原型制作

ワックスの削りカスは出るが掃除機などで容易に吸い取れ、黒く汚れるようなことはありません。

 

作業スペースについて

地金・ワックスを兼用して作業するのであれば、2畳のスペースがあれば十分ですが、音や火気・汚れなどを考えるとやはり作業場として一部屋確保できる環境が理想ですね。

 

ストーリーの続きへ

序章1~彫金に導かれし者

第1話 旅のはじまり? しばらくしたある日のこと 外出先から自宅のマンションに戻ってきたあなたは、いつものように郵便ポストからチラシを抜き取っていた。 すると奥に、小さな小包が入っているのに気付いた。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.