地金でのアクセサリーの作り方(地金製法)

更新日:

地金でのアクセサリーの作り方の流れと
地金で作る上でのメリット・デメリットが刻まれた彫金レベル1のかけらである。

ジュエリーブランドで販売しているような本格的なアクセサリーは、
大まかに分けると、地金・ロストワックス・3DCADの3つの方法から作られています。

このスキルのかけらによって、
アクセサリーの作り方の1つ、地金製法の知識を身につけることができる。

実際に彫金を始める前に頭に入れておくべき基礎知識となるので、
まだ彫金というものを知らない初心者は、目を通しておくといいだろう。

スポンサーリンク

地金でのアクセサリーの作り方の流れ

シルバーや金やプラチナなどの金属(以下【地金 ”じがね”】と呼びます)で、
アクセサリーを作ることを地金製法と呼びます。

手に入れた地金は、はじめは板状や棒状などです。
こいつを切り出して、削ったり、曲げたり、叩いたり、くっつけたりして、形を整えていきます。

この作業から様々な形のパーツを作り出していき、
そのパーツ同士を組み合わせて、最終的なアクセサリーデザインに作り上げていきます。

そして、宝石を入れるようなデザインのものには石留めを施し、
仕上げ磨きをして、アクセサリーが完成します。

これが、地金から作り上げていく大まかな作業の流れです。

それでは、工程を細かく説明しましょう。

地金を加工する

下書き線を入れる(けがく)

先端が尖った針状のけがき棒で、
地金にキズをつけて下書き線(以下【けがき線】と呼びます)を入れていきます。

切る(切削)

糸鋸で切り取っていきます。
硬い金属を下書き通りにキレイに切ることは難しいので、
ある程度余裕をもって、けがき線よりもちょっと外側を切っていきます。

削る(研磨)

ヤスリなどを使い、けがいた線上まで削って整えていきます。

曲げる

指輪を作るなら板状の地金を丸く曲げたり、
石留め用パーツならば、石が収まる形に曲げないといけません。

紙のように、手の力で自由に曲げていくことができませんので、
ヤットコという道具で地金を曲げていきます。

叩く

ヤットコを使っても曲げられないような強度のある形のものは、
サイズ棒や金床などに添え当て、木槌で叩いて曲げていきます。

そのほか、ハンマーで地金を叩き潰して、
地金を変形させて理想の形にしていくこともあります。

くっ付ける(ロウ付け)

削ったり、曲げたりした地金パーツを組み合わせていきます。

ロウ材と呼ばれる接着剤的な役割を持つ金属を、パーツの貼り合わせ部分に溶かし込んでくっつけていきます。
これを”ロウ付け”と呼びます。

宝石を入れる(石留め)

ロウ付けして一つのデザインとなったアクセサリーに、宝石を入れる場合は、石留めをしていきます。

仕上げる(仕上げ磨き)

最後に、鏡面やつや消し、いぶし加工など、色々な仕上げ加工をしてアクセサリーが完成します。

 

地金で作る上でのメリット・デメリット

メリット

  • 直線、平面などのシンプルなデザインのものを作るのに適しています。
  • 美しく確実に留まる繊細な石留めを必要とするアクセサリーを作るのに適している。
  • 地金を直接加工するため、作り上げたものはそのままアクセサリーとして使うことができます。
  • 制作日数がワックスに比べてかからない。

デメリット

  • 個人差はありますが、スキル(研磨、ロウ付けなど)の定着までに時間を要する。
  • 技術の差が仕上がりにハッキリと出てしまう。
  • 切り過ぎ、削り過ぎ、ロウ付け・石留め失敗など、場合によってはやり直しができない。
  • 彫金工具を揃える初期費用がワックスに比べてかかり、必要最低限の道具が揃わないと何も作れない。
  • デザインにより、削る・叩くなどの金属音が出るため、集合住宅に住んでいる場合は防音の配慮が必要となる。

 

地金製法を覚えるためのアドバイス

地金製法は、切る・削る・曲げる・叩く・くっ付ける・宝石を留める・仕上げる、
この7つのスキルを極めていく。

スキル習得レベルは高いが独学でも、スキルを覚えていくことはできる。

しかし、さらにその先にもう一つハードルが待っている。

もしあなたが商売としてアクセサリーを作っていこうと考えているならば、
覚えたスキルをどう使いこなしていくか、
実はこの作業工程を考えることの方が難しく、そして重要なことなのだ!

習得したスキルたちをどうつなぎ合わせれば、
より早くクオリティーの高いものが作れるのか。

その良い工程を導き出すには、やはり経験が必要なのである。
実践を重ねてきた者が生み出すノウハウってやつです。

独学からものにするには、トライ&エラーを繰り返しながら
地道に身につけていくしかない。
もしも、もっと効率的に吸収したいのであれば、
1つのアクセサリー制作から何通りもの作業工程を導き出せる、
経験豊富なアドバイザーを見つけるのが近道である。

もう1つのスキルのかけら

ワックスでのアクセサリーの作り方(ロストワックス製法)

ワックスでのアクセサリーの作り方の流れと ワックスで作る上でのメリット・デメリットが刻まれた彫金レベル1のかけらである。 ジュエリーブランドで販売しているような本格的なアクセサリーは、 大まかに分ける ...

ストーリーの続きへ

序章1~彫金に導かれし者

第1話 旅のはじまり? しばらくしたある日のこと 外出先から自宅のマンションに戻ってきたあなたは、いつものように郵便ポストからチラシを抜き取っていた。 すると奥に、小さな小包が入っているのに気付いた。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.