ワックスでのアクセサリーの作り方(ロストワックス製法)

更新日:

ワックスでのアクセサリーの作り方の流れと
ワックスで作る上でのメリット・デメリットが刻まれた彫金レベル1のかけらである。

ジュエリーブランドで販売しているような本格的なアクセサリーは、
大まかに分けると、地金・ロストワックス・3DCADの3つの方法から作られています。

このスキルのかけらによって、
アクセサリーの作り方の1つ、ロストワックス製法の知識を身につけることができる。

実際に彫金を始める前に頭に入れておくべき基礎知識となるので、
まだ彫金というものを知らない初心者は、目を通しておくといいだろう。

スポンサーリンク

ワックスでのアクセサリーの作り方の流れ

ろうそくのような硬さのワックスという素材を切り出したら、
削ったり、彫ったり、くっつけたり、盛り付けたりして、形を整えていきます。

地金と大きく違う点は、盛り足すことができることで、
削り過ぎや割れた場合でも、修正・やり直しをすることができます。

完成したワックスデザイン(以下【ワックス原型】と呼びます)は、
キャスト(鋳造)をします。

キャストをすると、そのワックス原型の形のまま、シルバーや金、プラチナなどの金属にすることができます。

最後に石留め、仕上げ磨きをして、アクセサリーが完成します。

これが、ワックスから作り上げていく大まかな作業の流れです。

それでは、こちらも工程を細かく説明しましょう。

ワックス原型を作る

下書き線を入れる(けがく)

けがき棒で、ワックスにキズをつけてけがき線を入れていきます。

切る(切削)

糸鋸で切り取っていきます。
地金とちがい簡単には切れるが、こちらも下書き通りにキレイに切ることは難しいので、
ある程度余裕をもって、けがき線よりも外側を切っていきます。

削る(研磨)

ヤスリなどを使い、けがいた線上まで削って整えていきます。

彫る

スパチュラを使ってワックスを削ぎ落として、理想のデザインに彫っていきます。

くっつける

ワックスペンの熱でパーツの貼り合わせたい部分を、直接溶かし合わせてくっつけていきます。

盛り付ける

ワックペンを使って、形状を変えたり、盛り付けてデザインを作ったりできます。
割れた場合は、修正することもできます。

磨く

ろうそくに似た硬さなので、爪跡など簡単に傷ついてしまうので、
キャスト前にスポンジヤスリやペーパーヤスリでキズを消して磨いていきます。

キャストする(鋳造)

ロストワックス製法を使って、ワックス原型とおなじ形の金属にキャストします。

ワックス原型が入る” 鋳型 ”一つに対して、シルバー・金・プラチナなどの金属に変えられるのは、1度きりです。

2個以上で同じ形のアクセサリーを作りたい場合は、通常、型を作ります。

鋳造(キャスト)は自分でやるべきか?

ロストワックス製法の詳しい作業工程を解説するとともに その鋳造作業をあなた自身がやるべきか、専門の業者に任せるべきか、 その答えと理由をお答えします。 この答えを知ることで、 今後あなたがロストワック ...

宝石を入れる(石留め)

キャストで上がってきたアクセサリーに宝石を入れる場合は、石留めをしていきます。

仕上げる(仕上げ磨き)

最後に、鏡面やつや消し、いぶし加工など、色々な仕上げ加工をしてアクセサリーが完成します。

 

ワックスで作る上でのメリット・デメリット

メリット

  • ワックス原型制作は地金製法に比べスキル習得レベルが低く、感覚的に作ることができる。
  • 立体的、造形的、動きのある形状のものを作るのに適している。
  • 盛り付けによる修正ができるので、失敗してもやり直しができる。
  • 地金製法と比べ、削る音が静かなので、集合住宅でも周りに気に使う心配がいらない。
  • 地金製法と比べ、道具の初期投資が安く済む。

デメリット

  • ワックス原型を鋳造して貴金属にするため、地金に比べコストと時間を要する。
  • 繊細な石留めアクセサリー制作には不向きである。
  • 自分で鋳造する場合、鋳造設備に関する知識や技術、まとまった導入資金が必要となる。

 

ロストワックス製法を覚えるためのアドバイス

あなたが次々とワックス原型を作り出し、
キャストは専門の業者に任せ、
そしてキャストされてきたアクセサリーにあなたが最後に石留めや仕上げをする。
これが、最適な作業の流れである。

ロストワックス製法は、切る・削る・彫る・くっ付ける・盛り付ける・磨く・宝石を留める・仕上げる、
この8つのスキルを極めていく。

切る・削る・宝石を留める・仕上げるは、地金製法とほぼ一緒のスキルとなる。

ロストワックス独自のスキルが、彫る・くっ付ける・盛り付ける・磨くの4つのスキルである。

とは言っても、地金に比べればスキルの習得レベルも低く、
地金製法ではスキルをつなぎ合わせてより良い作業の工程を導き出さなければならないが、
ロストワックス製法の場合、作業の工程はある程度決まっている。

商売を抜きに考えれば、クオリティーに個人差は出るが、
時間さえかければ、誰もがなんとか完成まで漕ぎつけることができるのである。

もう1つのスキルのかけら

地金でのアクセサリーの作り方(地金製法)

地金でのアクセサリーの作り方の流れと 地金で作る上でのメリット・デメリットが刻まれた彫金レベル1のかけらである。 ジュエリーブランドで販売しているような本格的なアクセサリーは、 大まかに分けると、地金 ...

ストーリーの続きへ

序章1~彫金に導かれし者

第1話 旅のはじまり? しばらくしたある日のこと 外出先から自宅のマンションに戻ってきたあなたは、いつものように郵便ポストからチラシを抜き取っていた。 すると奥に、小さな小包が入っているのに気付いた。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.