【手作りアクセサリー3分動画】3D蔦模様リングのワックス原型の作り方

更新日:

ワックスでフォックスでマックス先生だ~

ようこそ諸君!

今日も元気で~MAX!MAX!

今回の3分彫金は、
前回、作った甲丸リングに蔦のデザインを盛り付けしていくぞ。

ワックスペンの扱いには慣れてきたかい?

とにかくワックス制作は、
色々な立体造形物をモデルにして、それをじっくり観察しながら彫りまくれ!

場数をこなすのが上達の早道、
毎日5分でいいから、ワックスがいじれると最高だな。

スポンサーリンク

甲丸の指輪にデザインを盛り付けしよう!

3分彫金動画はこちら

必要な材料と道具

  • ワックスペン
  • リューター
  • ラウンド型のカッタービット(リューター用先端工具)
  • ドリルビット(リューター用先端工具)
  • スパチュラ(平刀型)(針型)(耳かき型)
  • スポンジヤスリ
  • 刷毛(100均に売っているものでOK)

マックス先生の制作アドバイス

このデザインで覚えてもらいことは、
ワックスをキレイにデザインに沿って盛り付けすることはもちろんなのだが、
デザインが小さければ、小さくなるほど盛り付けるが厄介になってくる。

すべて完璧に盛り付けできるわけがない。

そこをカバーするスキルが、スパチュラというわけなのだ。

平刀、耳かき、棒の3タイプのスパチュラを使い分けて、
デザインを削って整えていく。

特に覚えてもらいたいのは、
盛り付けたワックスを整えていくスパチュラの扱い方のテクニックだ。

始めのうちは、削りが上手くいかなくて、納得のいかないデザインになってヘコんじまうだろう。

でもな、

ワックス制作の良いところは、
ワックスペンがあれば、何度でもやり直しができることなんだ。

初めから上手いヤツなんていないからさ。

先生だって、彫金始めた頃は、スカルリングを作っていたつもりが、
完成したリングが、仮面ライダーのノッペラ顔になっていたんだぞ!

それだけ、立体的にデザインを盛り付けたり、削り出したりしていくのは、難しいのだよ。

頭ではそう思っていても、実際に彫ってみたら、結構彫り足りないんだな。

自分で思っている以上にやり過ぎかなって思うくらい彫ってみて、
そこから盛り付け修正すると良い感じの立体感がでるぞ。
 

このワックス原型を作るためには、
切るための糸ノコ
削るためのヤスリ
彫るためのスパチュラ
くっつけたり盛り付けするためのワックスペンなどの
基本となるスキルのテクニックを覚える必要があります。

そのまえの準備として、どんな道具を揃えればいいのかも知識として必要です。

準備からスキル習得までの流れをネットから学べるのがメンバー講読なんです。

それから改めて、この動画を見てもらえるとより理解が深まりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-アクセサリー解剖学
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.