序章8~彫金に導かれし者

更新日:

第15話 いざ、企画スタートへ!

ガウディのスキルの御珠が2つ出揃い、ガウディとダリの協力で、遂に企画が出来上がったのだった。

カルマたちは、プランハーツに戻り、無事に審査も通過して、販売までこぎつけることができた。

カルマ
「やりましたね。」

ダリ
「ああ」

二人はプランの泉に立っていた。

ダリ
「この泉の周りにずらっと並んでいる立て札に、私たちの企画募集の札を立てれば、いよいよ募集がスタートする!」

「でもその前に、この企画の仕組みを詳しく教えなきゃいけないな。」

ダリ
「これまでの旅で、スキルのかけらのように、テキストで知識が学べるタイプのものと、スキルの御珠のように、映像で知識が学べるタイプのものがあることは分かったはずだ。」

「それぞれ体験してきたから、内容は分かっているだろ。」

カルマ
「ええ」

ダリ
「このプランハーツでは、この2つのタイプの学び方で作り出した企画に参加したり、販売することができるんだ。」

「そして、作った企画には、それぞれ参加費を設けている。」

「参加したい者は、学びたい企画を自由に選んで、参加費を払って、はじめる。」

「そして、販売したい者は、企画を審査に通したら、参加費を決めて、 販売を始めるのさ。」

「カルマの住む世界では、通貨は” 円 "と呼ぶそうだが、この世界での通貨は” ニューロ ”と呼ばれている。」

「100ニューロ=100円だと覚えていてくれ。」

「そして今回、私たちが作ったこの企画の参加費は、15,000ニューロとしよう!」

「ワックスを初めて扱う初心者向けのワックス原型制作の企画になっている。」

「アクセサリージャンルは、指輪」

「デザインの決め方から、ワックス原型の制作方法、その後どうやって貴金属の指輪が出来上がるのかを、映像とテキスト形式で、作業の流れが理解できるような企画になっている。」

「この企画の内容を習得できれば、ペアリングを作り合ったり、プロポーズリングやプレゼントリングなど、大切な方を笑顔にさせる指輪を作ることができるようになる。」

「カルマにとっても、とても参考になる企画だから、目を通しておくといいだろう。」

カルマは頷いた。

ダリ
「それでは、いよいよ募集をかけますよ!」

ダリは地面に穴を掘り、立て札を立てた。

その立て札には、こう書かれていた。

自宅でジュエリーデザイナー体験!手作りの指輪を作ってみよう!

この企画を通して、あなたがジュエリーデザイナーとなって、デザインからワックス原型を作り、そしてそれがアクセサリーになるまでの一連の作業工程を疑似体験してもらえます。

自宅でジュエリーデザイナー体験!手作りの指輪を作ってみよう!

この企画では、ジュエリーデザイナーがどんなふうに指輪を作っていくのかを学べるようになっています。 その内容の中で学んでほしいことが2つあります! ロストワックス製法でのアクセサリー完成までの流れを学ん ...

続きを見る

 

今までのストーリー
序章0~彫金に導かれし者

第0話 不思議な教本!? 『逸材にはなれそうかな?』 「どうでしょうね?」 『彫金の知識と技術は、覚えることが山ほどあるからね。』 『ついてこれるかな?』 「僕たち次第ってこと?」 『いや、それは本人 ...

続きを見る

序章1~彫金に導かれし者

前回のストーリー 第1話 夢と現実の狭間 ユフィリー 「カルマが今いる場所は、夢と現実をつなぐ島 ” ドリームハーフ ”というところです。」 「ちょうどここは、カルマの住む現実世界とジュエリルワールド ...

続きを見る

序章2~彫金に導かれし者

第2話 隠遁者 丸太小屋の開いた扉から、カルマは外に出た。 するとそこは、360度に湖が広がり、それを囲むようにして森が生い茂っている場所だった。 なんと、湖の真ん中の中地に、小屋が建っていたのだ! ...

続きを見る

序章3~彫金に導かれし者

第4話 呼吸のごとく 辺りが真っ暗闇となって何も見えなくなった森に、スキルのかけらの蒼白い光と、焚き火の炎のオレンジ色の光が、大木を照らし続けている。 夜が更けた。 共鳴の大木の下で、焚き火を囲んで佇 ...

続きを見る

序章4~彫金に導かれし者

第5話 タートルバック カルマたちは、北の森のパヴェ回廊を歩いていた。 だいぶ歩いただろうか。 しばらくすると、森で囲まれた薄暗いパヴェ回廊の先が、次第に明るくなってきた。 どうやら、回廊の出口が近づ ...

続きを見る

序章5~彫金に導かれし者

第8話 それいけ!ユフィリー 阿吽の問題に正解し、無事、仮通行証バッジとスキルのかけらをもらったカルマ。 バッジを胸に付けた瞬間、全身がまばゆい光に包まれた。 あまりの眩しさで目を閉じた。 しばらく体 ...

続きを見る

序章6~彫金に導かれし者

第10話 ジュエリルリング 一羽の鷹が、森のパヴェ回廊を南に向かって飛んでいた。 それは、ダリだった。 クマになったカルマを背中に乗せて、颯爽と空を飛んでいたのだ。 ダリ 「ジュエリルリングとは、ジュ ...

続きを見る

序章7~彫金に導かれし者

第13話 それぞれの思い 森の中に、ぽつんと丸い湖を見つけた。 湖の真ん中の中島からは、煙が上っているのがみえる。 ダリの背中に乗ったクマのカルマは、ガウディの丸太小屋の前に降り立った。 ちょうど脇の ...

続きを見る

 

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界・ジュエリルワールド , 2019 All Rights Reserved.