序章4~彫金に導かれし者

更新日:

第5話 タートルバック

カルマたちは、北の森のパヴェ回廊を歩いていた。

だいぶ歩いただろうか。

しばらくすると、森で囲まれた薄暗いパヴェ回廊の先が、次第に明るくなってきた。

どうやら、回廊の出口が近づいたようだ。

森の回廊を抜けると、そこは白い砂浜が広がっていた。

しかしパヴェの道だけは、砂浜を突っ切るように波打ち際まで延びていて、その1キロ先の前方の海には、町の建物と島が融合された小さな島が浮かんでいた。

まるで、亀が浮かんでいるかのようだ。

カルマ
「これがもしかして!タートルバック!?」

波打ち際までやってきたカルマ

岸に打ち寄せ、沖の方へと返る波間から、パヴェの道が見え隠れしている。

ユフィリー
「道はこの先も続いていそうですね・・・」

しかし、その先はもう海だ。

カルマ
「どうすればいいんだろう?」

周りを見渡しても、船が係留している様子もない。

カルマ
「泳いで行けってこと?・・・てことはないよね。」

ユフィリー
「島から連絡船でも来るんじゃないでしょうか。」

カルマ
「ここで少し様子をみましょうか。」

カルマたちは、道の脇の砂浜に腰を下ろした。

するとそこへ、森のパヴェ回廊から、一匹の黒猫がやってきたのだった。
小さなショルダーバックを背負い、首輪を付けていた。

海で途切れたパヴェの道の前に座ると、目の前に浮かぶ島をじっと眺めている。

 

ユフィリー
「あの島から飼い主が来るのを、待っているんですかね?」

黒猫はこちらを見ると、

「潮が引くと、この先に道が現れるんだよね。」

 

「エッ!?」

カルマたちはびっくりした。

黒猫
「しゃべるアクセサリーより、しゃべる猫の方が珍しいですかな?」

黒猫は毛づくろいをしだした。

カルマ
「潮が引くには、どのくらいかかるんですか?」

黒猫は、ショルダーバックの中から懐中時計を取り出し、

黒猫
「完全に引いて、道が現れるまでには、あと半日はかかるかな。」

カルマ・ユフィリー
「え~!!」

ユフィリー
「なにか他に島に行ける方法はありませんか?」

「例えば・・船で渡るとか。」

黒猫
「船は出ていません。」

ユフィリー
「泳いで渡るのは?」

黒猫
「北の海は冷たいですよ。」

ユフィリー
「ハハハ・・待つしかないんですね。」

黒猫
「そうですね。」

ユフィリー
「参りましたね~。レオナルドがいる島が目の前だっていうのにここで足止めとは。」

黒猫の耳がピクンと立ち、背中を反らしお尻を突き上げる猫ポーズをとると、すくっと2本足で立った。

黒猫
「レオナルドに何の用ですかな。」

カルマ
「知っているのですか!?」

黒猫
「ええ。」

カルマは小包を取り出すと、中を開け、” ワックスで出来た指輪の原型 ”を取り出した。

カルマ
「これをレオナルドに渡してほしいと、ガウディって人に頼まれたんです。」

黒猫は目を細めると、

黒猫
「ほう~!これは、” ジュエリルリング ”の原型ですか。」

カルマ
「ジュエリルリング?」

黒猫は語りだした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「はるか昔、この世のすべてのものにいたわりの言霊が宿っていた頃。

人間はもちろん、動物などすべての生き物たちが、言葉をしゃべり、共存共栄する世界であった。

しかし共存共栄の心を失った人間が現れて、その秩序を破り、世界を二分してしまったのだ。

人間が支配する世界と、そして、すべての生き物たちが共存共栄する世界。

共存共栄の心を持った人間もいたが、次第に、人間が支配する世界に、その心を奪われていってしまった。

人間以外の生き物たちは、徐々に行き場を失くしていくのだった。

遂に彼らの中には、言葉を喋ることを棄て、人間に服従してまでも、共存して生きようとする者が出てきてしまったのだ。

そんな時、カルマレイという種族は、自分たちの持っている知識と技術と特殊な能力で、ある世界を作り出していた。

その世界を、ジュエリルワールドと呼んだ。

追いやられた生き物たちは、カルマレイ族と出会い、命が宿るアクセサリーに変えてもらい、その世界で暮らすことができたのだ。

カルマレイ族は、このジュエリルワールドの守り人として、人間世界の片隅の孤島でひっそりと暮らすのだった。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

黒猫
「これが、このドリームハーフに伝わる言い伝えさ。」

「私は追いやられた生き物の末裔なのさ。」

「カルマレイ族はね、私たちのご先祖様に、” あるもの "を作ってくれたんだよ。」

「それが・・・命が宿るアクセサリーに変身できる指輪。」

カルマ
「ジュエリル・リングですか。」

黒猫
「そういうこと。」

「ジュエリルワールドはね、ジュエリルリングを持つ者だけが行ける世界なのさ。」

「私も、そして、あなたもね!」

そう言うと、黒猫はショルダーバックから指輪を取り出し、腕にはめた。

全身が光り輝いたかと思うと、猫のジュエリルの姿になっていた。

黒猫
「改めまして、私が猫のジュエリルの” レオナルド ”です。」

 

第6話 差し出せるもの

猫のジュエリルとなったレオナルド。
漆黒の輝きを持つ体と青い瞳の宝石を持つ黒猫のアクセサリー。

レオナルド
「ガウディとは、もう古くからの友人なんだ。」

「キミも導かれたんだね」

カルマ
「?」

レオナルド
「最近、ジュエリルワールドへ、スキル探求の旅に出たいという者が後を絶たない。」

「しかし、中途半端な気持ちで行くもんじゃないんだよね。」

「時間は有限だよ。」
「キミはスキルを覚えて何がしたい?」

「具体的な計画はあるのかな?」

カルマはなにも言葉が返せなかった。

レオナルド
「具体的な目標が無い者がこの世界へ入ると、スキルコレクターとなってしまい、自分を見失うことになってしまうよ。」
「スキルコレクターの成れの果てを知っているかい。」

「スキルのかけらを集めることだけが生き甲斐。集めた数がその者のステータスだと勘違いしてしまうんだな。」

「見つけたという達成感で満足してしまい、肝心な実践作業をおろそかにしてしまうんだよ。」

「スキルのかけらはね、集めるだけじゃなく、これをどう自分の中に吸収して、活用していくかが大事なんだな。」

「そこのところがポッカリと抜けてしまっているんだよ。」

「キミは大丈夫かな。」

レオナルドは、カルマの顔をまじまじと見ると、ニッコリと笑い、

レオナルド
「まあいいでしょう。」

「まだ、行けると決まったわけではないのでね。」

カルマ
「?」

レオナルド
「私の祖先は、今まで暮らしていた世界を捨てるという勇気を差し出した。だから、新しい世界を手に入れるための指輪を持つことができた。」

「もしキミがこの先に進みたいと願うならば、なにかを差し出す勇気はお有りかな。」

「キミが今、差し出せるものとは何だい?」

カルマは考えていた。

レオナルド
「少しキミの本気度を見せてもらってもいいかな。」
「じつはこのガウディから受けとったワックスの原型だけじゃ、ジュエリルにはなれないんだよ。」

「このワックスは、鋳造してはじめて、ジュエリルリングとして完成するんだ。」

「完成させるためには、指輪となるための材料を調達してこなければならないのさ。」
「私にキミの行動力を差し出してもらえるかな。」

「材料を取ってきてほしいんだ。」

「やってみるかい?」

カルマ
「やってみます。」

レオナルド
「あと、もう一つ。」
「お友達のクマちゃんも、差し出してもらいます。」

カルマ
「えっ!?」

レオナルド
「ここからは、キミ一人で行動してもらうってことです。」

「それでも行きますか?」

カルマは頷いた。

レオナルド
「いいでしょう。」
「それでは、詳しい話をしましょう。」

「ジュエリルリングは、

  • 奇跡のDNA
  • ジュエリルワールドの海から採れたさざれ
  • パーフェクトジュエリルの粉

この3つを混ぜ合わせて作ります。」

「東の森のパヴェ回廊の先に、” 彫金アカデミア ”というクリエイターとなるための学校があります。」

「そこで、” さざれ ”を手に入れてきてください。」

「あと、キミに2つほど、約束を守ってもらうことがあります。」

「1つ目の約束は、キミは彫金アカデミアでは、このクマちゃんの名前を名乗ってください。」

「2つ目の約束は、私の名前は言っても構いませんが、正体は絶対に口外しないでくださいね。」

「さてと、これは餞別だ。」

レオナルドはスキルのかけらを渡した。

スキルのかけらを手に入れた!

ネットで賢く彫金工具を仕入れるためには

レオナルド
「このかけらには、ネットで工具を手に入れるための賢い買い方が刻まれています。」

「彫金工具以外の普段の生活用品を購入する時にも、この知識は活用できるんだ。」

「ただし、パスワードがかかっているから今は見ることが出来ない。」

スキルのかけらを見ると、なにやら表面に文字が刻み込んであった。

パスワードカイドクハ、ウンニマカセロ

カルマ
「運に任せる?」

レオナルド
「この言葉の意味をよ~く考えるんだよ。」

 

第7話 閉ざされた門

共鳴の大木へ戻り、そこから東にパヴェ回廊を歩いていくと、ズラリと横一面にそびえ立つ壁が見えてきた。
近づくにつれ、その大きさに圧倒された。

この壁では、回り込むことも、登ることもできないだろう。

歩いてきた道は、壁まで続いているようだ。

壁の前まで辿り着くと、そこには小さな鳥居の形をした奇妙な門とその両脇には狛獅子の像が置かれている。

この先を進むには、どうやらその門を通るしかないらしい。

しかし、人間のカルマの大きさでは到底通ることはできない大きさなのだ。

しかも、門は閉まっている。

カルマはどうしたものかと考えていると、

「これなるは、彫金アカデミアのジュエリルゲート。そして、我らはこの門のゲートキーパー。」

「阿吽(あうん)である。」

狛獅子の像が 、声を揃えて言った。


「ここから先は、通行証を持つ生徒か、特別な許可がないもの以外は通すことができん。」


「おまえは何者だ?」


「名を名乗るがよい!」

カルマはレオナルドから言われた約束を思い出した。

” 彫金アカデミアでは、クマちゃんの名前を名乗ってください。”

カルマ
「ユ、ユフィリーです!」


「ちょっと待っておれ。」

阿は、しばらく目を閉じ、そしてパッと目を開くと、


「スキルマスター科の生徒だな。」


「なぜ、ジュエリルにならない。」

カルマは困惑していた。


「もしかして!入校証バッジを忘れてきたのか!?」

カルマ
「すいません。」


「このアカデミアの決まりだ。バッジがなくジュエリルになれない者は通すことはできない。」

カルマ
「そんな・・・」


「がっかりするのはまだ早いぞ。」


「おまえが本当の生徒だという証拠を示せばよい。」


「本当の生徒であると証明できたら、” 仮入校証バッジ ”を渡そう。」

カルマ
「ホントですか!」

阿吽
「生徒なら分かる簡単な問題だ。」

 

問題

我が彫金アカデミアの校長の名は何と言う?

 

カルマ
「エッ!校長の名前ですか・・?」


「冗談だ。そんな簡単な問題ではない。」


「我らの校長の名は” Gikyu ”だな。」


「そのGikyu校長のもとに、伝説の原型師とこれまた伝説の鋳造屋なるものが、ある頼みをしに来たのだ。」


「あるスキルのかけらにパスワードをかけてほしいとな。」


「そのかけらは、ネットでの賢い買い物の方法が刻まれていた貴重なかけらだったようだ。」

カルマ
「それって!?(レオナルドからもらったスキルのかけらのことだよな。)」


「そして校長は、我らのどちらかにそのかけらのパスワードを守るよう言いつけたのさ。」

阿吽
「さあ、これが本当の問題だ。」

問題

パスワードを守っているゲートキーパーは、阿と吽のどちら?

阿吽
「正解したら、” 仮入校証バッジ ”とスキルのかけらもやろう。」

カルマ
「正解の確率は五分五分か・・・さあどっちだ。」

 

ふとカルマの脳裏に、レオナルドの最後の言葉が思い浮かんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レオナルド
「この言葉の意味をよ~く考えるんだよ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カルマはレオナルドにもらったあのスキルのかけらを取り出し、スキルのかけらに刻まれた文字を見つめた。

パスワードカイドクハ、ウンニマカセロ

カルマ
「・・・・」

「まてよ!」

「そうかっ!」

「パスワードを守っているのは、キミだったのね。」

阿吽
「さあ、我らのどちらが答えかわかったようだな。」

「このスキルのかけらに問題の答えを入力するのだ。」

パスワード解読は、吽に任せろ

カルマはそう言って、答えを入力した。

問題正解でもらえるスキルのかけら

仕事用としてプロが選ぶリューターの7つの条件が刻まれた書である。

相棒のリューターを見つけるための7つの条件

吽 「正解だ。」 「我が彫金アカデミアの校長の命を受け、このスキルのかけらのパスワードを守っているのは、ゲートキーパーの 吽 である。」 カルマは吽に、レオナルドから餞別としてもらったスキルのかけらを ...

続きを見る

今までのストーリー
序章0~彫金に導かれし者

第0話 不思議な教本!? 『逸材にはなれそうかな?』 「どうでしょうね?」 『彫金の知識と技術は、覚えることが山ほどあるからね。』 『ついてこれるかな?』 「僕たち次第ってこと?」 『いや、それは本人 ...

続きを見る

序章1~彫金に導かれし者

前回のストーリー 第1話 夢と現実の狭間 ユフィリー 「カルマが今いる場所は、夢と現実をつなぐ島 ” ドリームハーフ ”というところです。」 「ちょうどここは、カルマの住む現実世界とジュエリルワールド ...

続きを見る

序章2~彫金に導かれし者

第2話 隠遁者 丸太小屋の開いた扉から、カルマは外に出た。 するとそこは、360度に湖が広がり、それを囲むようにして森が生い茂っている場所だった。 なんと、湖の真ん中の中地に、小屋が建っていたのだ! ...

続きを見る

序章3~彫金に導かれし者

第4話 呼吸のごとく 辺りが真っ暗闇となって何も見えなくなった森に、スキルのかけらの蒼白い光と、焚き火の炎のオレンジ色の光が、大木を照らし続けている。 夜が更けた。 共鳴の大木の下で、焚き火を囲んで佇 ...

続きを見る

 

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界・ジュエリルワールド , 2019 All Rights Reserved.