序章2~彫金に導かれし者

更新日:

第2話 隠遁者

丸太小屋の開いた扉から、カルマは外に出た。

するとそこは、360度に湖が広がり、それを囲むようにして森が生い茂っている場所だった。

なんと、湖の真ん中の中地に、小屋が建っていたのだ!

傍には、切り株で出来たテーブルと椅子が置いてあり、あちこちに、動物の形をしたワックス原型やシルバーアクセサリーが散らばっていた。

それは膝丈くらいの大きさのものから、手のひらサイズのものまで大小様々。

ライオン、ゾウ、キリン、トラや、想像上の生物のかたちをしたものもいた。
なかには、服を着ているものもいる。

湖の岸辺を見ると、小さな桟橋があり、ボートがつながっている。

ぐるりと小屋の外側を周ってみたが、誰もいなかった。

辺りはひっそりと静まり返っている。

カルマは切り株の椅子に腰を下ろした。
テーブルには、彫りかけのワックスと工具が置いてあった。

チェーンにぶら下がっていたユフィリーが、

ユフィリー
「その工具、スパチュラですね。」

そう言って、テーブルに飛び降りた。

スパチュラとは、ワックスを彫ってデザインに仕上げていくための彫金工具のことである。

ユフィリー
「カルマは、アクセサリー作りに必要な工具、全部答えられますか?」

カルマ
「作るデザインによって、使う工具はちがうんじゃないかな。」

ユフィリー
「確かにそうですね。」

「作り方によっても違うでしょうしね。」

「そもそも、アクセサリーというものは、他のものに比べて、デザインの制約がほとんどありませんからね。」

カルマ
「どういうこと?」

ユフィリー
「例えば、車を作るなら、動かすためにエンジンやタイヤを付けないといけないとか、人を乗せるスペースが必要だとか、いろいろな制約がある中でデザインを考えますよね。」

「アクセサリーを作る場合、ほらっ!あそこにシルバーで出来たキリンが転がっていますよね。」

「あのキリンに、指を通すパーツを付けちゃえば、指輪になるし、チェーンを通すパーツ(バチカン)を付ければ、ペンダントトップにもなっちゃうんです。」

「形あるもの、全てがアクセサリーに大変身です。」

「そう、ボクのようにです(笑)」

そう言って、ユフィリーがポーズを決めた。

「デザインは無限大というわけですよ。」

「そのデザインを、どの材料で、どの工具を使って、どのようにして作っていくかは、作り手の自由なんです。」

「想像と知恵を絞れば、作り方は何通りも浮かんでしまうんですね。」

「スキルマスターともなれば、そのアクセサリーのデザインから、多くの作り方のパターンを想像して、その中から今選ぶべき最善の作り方を導き出すことができるんです。」

「どの材料で、どの工具を使って、どのようにして作っていくかをね。」

「だから実際に作っている者から学べること、これが一番のスキル上達の近道なんですよ!」

 

「その通りじゃな。」

突然、カルマたちに話しかける声が聞こえた。

声の方を振り向くと、トラのジュエリルがテーブルに立っていたのだ。

トラ
「実際に作ってきた者がいう言葉には、魂が宿っているんじゃ。」

「なぜなら、培ってきた経験の中から絞り出した答えだからじゃ。」

「ワシは、” ガウディ ”という、アクセサリー作りを愛する者じゃ。」

ガウディは、 カルマが持っている工具を見て、

「工具選びの基本はじゃな、まずは、作る材料が何であるかを知ることじゃ。」

「作る材料によって、使う工具が限られてくる。」

「次に、その選んだ工具から、さらに工具を絞り込むんじゃ。」

「ポイントは2つ、

①そのアクセサリーを完成させるために、絶対に必要となる工具か
②その人の技量をカバーするために使う、あったら便利な工具か

自分がいざ、アクセサリーを作ろうとしたとき、この2つのうちのどちらに該当する工具なのかを見極めることなんじゃ。」

「①の工具にプラスして、自分の今の技量に合わせて、必要であれば②の工具も用意するとよいじゃろう。」

「まずは材料と使う工具の知識を学ぶことが先決じゃな。」

ガウディは、ポケットから何かを取り出すと、

「ほれっ!」

カルマにひょいっと投げてよこした。

「作り方には地金とワックスの2種類の方法があることは知っておるじゃろ。」

「まずは、ワックス原型制作について学ぶといいだろう。」

ガウディからの贈り物

ガウディが渡したものは、スキルのかけらだった。

ガウディ
「ワックスの原型制作の流れや、使う材料や工具が理解できるはずじゃ。」

スキルのかけらを手に入れた!

ワックス原型制作で使われる材料と工具についての知識が刻まれた書である。

ワックスの種類・特徴と揃えておきたいワックス材料5選!

この彫金レベル1のかけらでは、初めて手作りアクセサリーを作ろうと試みている初心者に、ロストワックスでよく使われている材料についての知識を伝えようと思う。 ロストワックスの材料には、カタチや色など様々な ...

続きを見る

ワックス原型制作で使う17の必須道具

ワックス原型を作るときに使う道具が刻まれたスキルのかけらである。 ひとつの道具をとってもいろいろな種類があり、あなたが初心者なら尚更どれがいいのか迷ってしまうだろう。 そこで今回は、ボクが実際に使って ...

続きを見る

 

ガウディ
「より深く理解するには、実際に体験するのが1番なんじゃが・・・」

「おお、そうじゃ!あそこで仮想体験でもしてもらおうかの。」

ガウディは桟橋を指さした。

「この湖の先の森を進むと、パヴェ(石畳)でできた道にぶつかるはずじゃ。」

「その道を東へ向かうといい。」

「そこでかけらを合成してもらえば、ワックスの知識がより深まるはずじゃ。」

カルマ
「合成って・・?」

ガウディ
「ほれ、行けばわかる。」

ガウディにせかされて、カルマは慌てて立ち上がると、

カルマ
「感謝します。」

深くお辞儀をした。

ガウディ
「礼には及ばん。これがワシの使命じゃからな。」

 

第3話 合成屋

両側を森で囲まれた石畳の道が、ずっと先まで続いている。

この石畳の道を、” 森のパヴェ回廊 ”と呼ぶのだそうだ。

ガウディの丸太小屋をあとにしたカルマは、ユフィリーを首にぶら下げ、森のパヴェ回廊を東へと歩いていた。

カルマ
「ガウディさんはユフィリーと同じ仲間なの?」

ユフィリー
「ど、どうしてですか?」

カルマ
「ジュエリルはみんな同じなのかなって。」

ユフィリー
「そういうことですか」

「ジュエリルは、皆それぞれ、何かの生き物の仮の姿なんです。」

「それよりも、ガウディがなぜワックス原型制作を先に学べと言ったのかわかりますか?」

「ワックス原型制作は、地金製法に比べて、揃える工具の数も少なく、どこでも作業ができます。」

「しかも、地金ほど高度なスキルもいらず、初めての人でも、感覚的に作り出せてしまうほど、スキルがシンプルなんですよね。」

「地金に比べてワックスなら、スキル・環境・金銭面から見ても、すぐに実践に移しやすい方法でしょう。」

「ワックスと地金では作る面白さは違いますが、ワックスを面白いと感じた人ならば、地金は間違いなく面白いと感じてもらえます。」

「まずは、ワックスの仮想体験をしてもらって、面白さを実感してみましょう。」

「さあ、着いたみたいですね。」

森の中にひときわ大きい大木がカルマの目の前にそびえ立っていました。

ホタルでもいるのでしょうか、大木のあちらこちらが一定のリズムで点滅を繰り返して発光しています。

ユフィリー
「この大木は、” 共鳴の大木 ”と言って、ジュエリルワールドから持ってきた木だそうです。」

「そして、その大木には、あるジュエリルが住んでいます。」

「ほらっ!あそこ!」

あちこちで点滅している発光は、大木に開いている穴から発せられていたのだ。

ユフィリーが指差した穴から、なにかが飛び出してきた。

「かけらの匂いだね、こりゃ。」

そう言うと、カルマの周りをウロチョロと駆け回り、くんくんと匂いを嗅ぐ” リスのジュエリル ”がいた。

ユフィリーがカルマにささやいた。

ユフィリー
「今まで集めたスキルのかけらたちを取り出してもらえませんか?」

カルマはスキルのかけらたちを取り出した。

すると、1つのスキルのかけらが、大木と同じく発光していたのだ。

リスの尻尾がボワッと逆立ち、目がまんまるくなった。

リス
「ボクは合成屋」

なにかソワソワしているようだ。

「キミの持っているスキルのかけらを合成するよ。」

「どうだい?」

リスは発光しているかけらを凝視し、目が爛々としている。

「どうする?するのか?」

「っていうか、させてくれ!くれ!くれ~ぃ!」

その場でグルグルと回りだした。

「 それ!そこ!そのかけら!」

発光したかけらは、ガウディからもらったスキルのかけらの1つでした。

「そいつを合成したいぞ~!」

「さあどうする!やりたいよ~!っていうかやってしまいましょう!」

リスの言動にカルマが戸惑っていると、

ユフィリー
「かけらを渡してみてください。」

ユフィリーが言うやいなや

リス
「ごちそうさま~」

リスはかけらを口の中に入れ、ほっぺを膨らましたまま、穴の中へとヒョヒョイっと入っていってしまった。

穴の中から軽快な歌声とカリカリと何かをかじる音が聞こえてきた。

カルマ
「・・・大丈夫なのかな」

カルマは心配そうに穴を見つめていた。

~~~~~~~~~~~~~~

・・・・しばらくすると、「出来たよ!」

リスが穴から出てきた。
ほっぺは元通りになっていて、代わりに両手には、数珠玉のような大きさの艶やかに輝いた丸い石を抱えていた。

リス
「この珠の中を覗いてみて。」

カルマはリスからその珠を受け取った。

なにやら珠の中に映像が写っているようだった。

リス
「これはスキルのかけらを合成して作られる” スキルの御珠(みたま) ”」

「この共鳴の大木から採れる樹液と合成すると、かけらに刻まれたスキルを映像化できるんだ。」

「覗いてごらん。」

「今回合成したスキルのかけらから、” ワックスで作る指輪の工程 ”が映像化できたはず。」

「これを見れば、具体的な工具の使い方や使いどころが分かるだろう。」

スキルの御珠を手に入れた!

ワックスで作る指輪制作の流れとその必要工具が映像化されている珠である。

カルマが御珠を覗き込もうとすると、ユフィリーの囁く声が聞こえてきた。

ユフィリー
「カルマ、しっかりと目に焼き付けてくださいね。」

 

今までのストーリー
序章0~彫金に導かれし者

第0話 不思議な教本!? 『逸材にはなれそうかな?』 「どうでしょうね?」 『彫金の知識と技術は、覚えることが山ほどあるからね。』 『ついてこれるかな?』 「僕たち次第ってこと?」 『いや、それは本人 ...

続きを見る

序章1~彫金に導かれし者

前回のストーリー 第1話 夢と現実の狭間 ユフィリー 「カルマが今いる場所は、夢と現実をつなぐ島 ” ドリームハーフ ”というところです。」 「ちょうどここは、カルマの住む現実世界とジュエリルワールド ...

続きを見る

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界・ジュエリルワールド , 2019 All Rights Reserved.