相棒のリューターを見つける秘伝之書

更新日:

手作りアクセサリーを作りたい!ならば、地金やワックスを元に金属となるアクセサリーを作ることになる。

それぞれの工程は、今回は抜粋するが、その工程には必ず研磨作業がある。

そこでリューター(ルーター)は大いに活躍する工具となるのだ。

昔は、地道にヤスリだけでデザインを仕上げていた時代もあったが、
今は、電動ルーターがないと仕事にならないほど、研磨する上でとても重要なツールとなった。

しかし、リューター本体だけ持っていても何の役にも立たない。

使い方はというと、リューター本体につながっているハンドピースに、
研磨用途に合わせたいろいろな先端工具(リュータービット)を取り付けて作業をしていくのだ。

どんな先端ビットを使うのかというと・・・

おおっと!今回は彫金で使えるリューターの選び方が主題なので、また違う機会にお話しようかな。

それでは、お待ちかねの本題に入りましょう。

プロのリューター選び

仕事としてプロがリューター(ルーター)を選ぶ時には、
当然ですが、価格よりもまずは、性能・機能をチェックします。

モノによっては、仕事で使うには不十分な性能・機能しかないリューターもあるからです。

そんなこと言っても、どんな性能や機能があるリューターがいいのかなんて分からないですよね。

そこで今回は、数あるリューターの中から仕事として十分に使えるリューターとはどういうものなのか、
その必須となる条件をお教えします。

プロ仕様としておすすめするリューター選びの7つのポイント


まずは、欲しいと思うリューターに、これから挙げる7つの条件が備わっているかチェックします。

  1. 無段階スピードコントロールが付いているもの
  2. フットコントロラー(足で踏んで回転数を調節できる機能)が付いていること
  3. ハンドピースは、先端工具(リュータービット)φ2.35mm(2.34mm)軸が使える
  4. コレットチャックで固定するタイプのもの
  5. 回転数が30,000rpm以上出ること
  6. フィードバック機能(負荷をかけても回転数の低下を防いでくれる)が付いている
  7. 負荷をかけ過ぎると自動的に停止する機能がある

それではひとつずつ、なぜこの条件が必要なのか解説していきましょう。

 

無段階スピードコントロール

デザインの形状やキズの深さなどに合わせて、強く削ったり、やさしく削ったりと、
回転数を無段階に自由自在に変えられないと、仕上がりの良し悪しにも影響が出てくるのである。

フットコントローラー付き

足で踏んで回転数を調節できるフットコントローラーでないと、
回転数の強弱を変えるのにわざわざ作業の手を止めて調節しながら作業するので効率が悪いですよね。

ハンドピースはφ2.35mm(2.34mm)軸が使用可

先端工具(リュータービット)の軸にはいくつかの大きさ(規格)に分かれている。
彫金用の先端工具(リュータービット)は、2.35mm軸もしくは、2.34mm軸で出来ている。
そこで、この軸に合わないハンドピースは対象外となる。

コレットチャックで固定するもの

ハンドピースのタイプには、

  • 軸穴にφ2.35mm用の固定補助アダプターパーツ(スリーブコレット)を入れたりと、
    ぴったりと軸を合わせて固定できるコレットチャックタイプのものと、
  • ビットを軸穴に差し込んで固定するようなドリルチャックや固定チャックタイプのものがある。

コレットチャック式のハンドピース

ぴったりと軸を合わせて固定できるので、芯ブレが少なく、地金に穴開けなどをする時にも重宝する機能である。
高価なリューターはこのタイプが多い。

ドリルチャックや固定チャックタイプ

芯がブレやすい。
 
何時間もハンドピースを持って作業していると、けっこう、肩や腰に負担がきます。
年のせいもあるけれど(笑)

ハンドピースは芯ブレが少なく、しかも軽いにこしたことはありませんよ。

回転数が30,000rpm以上

地金を使ってのアクセサリー作りには、30,000rpm以上の回転数とフィードバック機能が付いているリューターが必須となります。

なぜなら、鏡面のピカピカ仕上げにはバフがけが必要だからです。

仕上げには、バフ粉を付けたバフを30,000rpm近く回して、デザインに押し当てて負荷を与えてピカピカに磨いていきます。

そうしないと、店頭に置かれているような商品レベルの鏡面仕上げにならないからです。
 

プロは時間を気にしながら、作業をしなければいけません。

効率の悪さを道具で補えるならば、便利な道具には、先行投資するべきだし、
今回のような理由の場合、技術レベルに関係なく時間がかかるような作業は、道具で解消する方が得策なのです。

フィードバック機能

石留めなど地金に穴を開けるなどの作業では、ドリルや穴開け用の先端工具を付けて作業をおこないます。
負荷が掛かる作業なのでフィードバック機能が付いていないと、
一定の回転数がキープ出来ず、きれいに穴が開けられないのです。

過負荷時の自動停止

バフがけ、研磨、穴開けなどで過度な負荷が掛かる作業が多いと、
本体自体までもが熱をもって、それが原因でついには故障してしまう恐れがあります。

そうならないようにと、本体に負担が掛かる前に自動で停止してくれる機能が付いたものがあるのです。

 

プロ仕様のリューターの条件とは?

1~7と7つの条件が揃っているリューターを選べば、ワックス原型の制作、地金加工から仕上げまで、すべてをこなせます。

あなたがゆくゆくは商売としてのアクセサリー作りに取り組みたいと考えているのであれば、
中途半端な性能や機能のものをとりあえず買って、あとでまた買い換えるよりは、

価格もそれなりのものとなりますが、未来を見据えた投資と考え、
はじめからプロ用として通用するリューターを手に入れたほうが賢い選択だとボクは思いますね。

 
今回の条件をクリアしている価格もお手頃のリューターを紹介しておきます。
ボクももう10年以上お世話になっている相棒です。

ボクの相棒のリューターはこちら
 

趣味レベルのホビールーターを手に入れるなら

性能や機能には劣るが、そこそこ趣味レベルでアクセサリーが作れれば満足というならば、
鏡面の研磨もこなせるこの4つの機能さえ押さえておけば、とりあえず使える。

  • スピードコントロールが付いていること
  • フィードバック機能が付いていること
  • 回転数が30,000rpm出せるもの
  • ハンドピースの軸穴はφ2.35mm(2.34mm)であること

それ以外の機能は、無くても研磨するのに支障がないので外しました。

 

ワックスの原型制作だけなら

今すぐプロ用リューターを手に入れる資金は無いけど、すぐにワックスを削りたい!ってあなたへ。

ホビールーターとして売られているダイソーのミニルーターでもいけます!
地金加工用としては、使えませんけどね。

実験動画を撮ったので、それをご覧ください。

ワックス研磨の実験動画はこちら


 

地金研磨の実験動画はこちら


 
これで押さえどころが分かったかと思います。
ぜひ、あなた好みのリューターを見つけてみてくださいね。

 







この物語の仕組みとは?

手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界ジュエリルワールド

新しい彫金バイブル 指輪やペンダントトップ、ピアスなど、 手作りのアクセサリーを作ってみたいけど、 なにから始めていいのか分からない。   どんな知識が必要なの? 道具はなにを揃えればいい? ...

続きを見る

-スキルのかけら, 彫金レベル1のかけら
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界~ジュエリルワールド , 2017 All Rights Reserved.