ロウ付けスキルマスターコース

更新日:

コースの特徴

地金からアクセサリーを作るためには、ロウ付けは必要不可欠なスキルですよね。

これが出来るようになるとデザインのレパートリーが無限大に広がるんです。

しかし、彫金の中でも習得するのが困難なスキルの1つなので、独学で覚えられるほど甘いものではありません。

それじゃあ、教室に通うべきなの?

いやいや、自宅に1畳スペースの場所を確保できて、ロウ付け用の道具を揃えてもらい、

そしてココが肝心!

ロウ付けに関する正しい知識を仕入れて実践を繰り返していけば、ロウ付けは覚えられるんです。

もっと具体的に言うと、「ロウ付けが失敗してしまう大きな2つの原因」と「ロウの特徴」のこの2つの知識をしっかりと理解した上で練習することです。

独学で仕入れた情報で闇雲にロウ付けを練習してもハッキリ言ってロウ付けは上手くなりません。

これから巷の有名なブランドと肩を並べて戦えるクオリティの高いアクセサリーを作っていきたいのであれば、ロウ付けがしっかりとできることはそれこそ必須の条件です。

このロウ付けスキルマスターコースでは、何千回と様々なデザインのロウ付けをしてきたボクが体得してきた感覚的な知識やノウハウをマニュアルとしてまとめてお届けしています。

このマニュアルを読んで、実践型のロウ付け課題をこなし、スキルをマスターしてほしいと思います。

生み出す、甦らせる!実践型のロウ付け課題

指輪の制作やサイズ直し・ペンダントトップの丸カン付け・ピアスのポスト立てなど、実際にアクセサリー制作に必要不可欠なロウ付けスキルを映像で学んでいきます。

いつでもLINEやメールでサポートします。

コースに参加したメンバーの方なら、いつでもLINEやメールを使って質問・疑問ができます。

例えばLINEなら、制作途中のアクセをスマホで撮ってその画像をLINEで送ってもらえれば、すぐさま的確なアドバイスを送ることができます。
映像やテキスト資料だけでは伝わらないようなやりとりは、タイムリーにLINEの画像や映像などを駆使してやりとりしていきましょう。

(LINEが出来ない方もメールでサポートしますので安心ください。)

 

参加する前に準備すること

ロウ付けの道具は揃っていますか?

紹介しているロウ付けの道具は、狭いスペースでも手軽に設置できるものをピックアップしています。

こちらのページでロウ付けで使用する道具を確認できるので、足りないものは揃えておきましょう。

揃えておきたい10のロウ付け道具

ロウ付けとは? 接合する部材(母材)よりも融点の低い合金(ロウ)を溶かして、 母材となる金属の重なったすきまに流し込むことで、一体化させること。 揃えておきたい10のロウ付け道具 耐火レンガ(イソライ ...

続きを見る

 

コース料金

7,000円

参加期間

無期限

WAXスキルマスターコース

参加申し込みはこちら

ボタンをタップすると申し込みフォームに移動します。

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.