古美仕上げ&ザラピカ仕上げ

更新日:

古美(ヴィンテージ)仕上げ

新しいアクセサリーを100年以上の年月が経過したかのような使い古された風合いに見せる仕上げ方法です。

アンティークジュエリー風デザインの仕上げによく使われます。

ザラピカ(ダイヤモンド)仕上げ

つや消しの風合いで光沢がある仕上がりに見せる仕上げ方法です。

リングやペンダントの裏側など裏抜き部分の仕上げや、ロウ目隠し・いぶし仕上げの下地処理にも使います。

用意するもの

  • シルバーアクセ
  • リューター
  • ワイヤーブラシ
  • スパチュラ(針)
  • ペーパーロールサンダー(#240/#1000)
  • ダイヤモンドビット
  • 耐熱ボール・筆・割り箸
  • いぶし液
  • ドライヤー
工具の画像チェックはこちら
彫金工具【チェックリスト】

ボクが使用しているおすすめのもの、便利なものなどを一覧表にまとめました。 ネットで購入する方のために楽天やamazon、Yahoo!ショッピングにアクセスできるリンク付きです。 工具の名称をコピーして ...

続きを見る

古美&ザラピカの仕上げ工程

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

 

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.