序章0~彫金に導かれし者

更新日:

第0話 不思議な教本!?

『逸材にはなれそうかな?』

「どうでしょうね?」

『彫金の知識と技術は、覚えることが山ほどあるからね。』

『ついてこれるかな?』

「僕たち次第ってこと?」

『いや、それは本人次第さ。』

『私たちは面白さのきっかけを伝えてあげればそれでいい。』

『きっかけは誰にでも平等だが、その後の成長曲線は、そこに時間と資金というエネルギーをどれだけ傾けたかによって変わってくるからな。』

「どのくらい覚悟があるかってことね。」

『その傾ける熱量は自身が決めること。』

『周りがとやかく言うことじゃない。』

『まあ、とにかく私たちは導いていくだけなのさ。』

『結果はどうであれ、少しでも何か、あっ!』

『そういえば・・・パスワードは教えたのかい?』

「あっ~!忘れてた~!!」

『やれやれ。こんなんじゃ、スキルマスターは程遠いな。』

「あちゃ~!」

この先を読むためには、こちらのURLから設定をおこなってください。

パスワードは、『******』

準備の刻印はこちら
https://*******

この書のはじまりには、こんなやりとりが綴られていた。

そして、ここから先はパスワードでロックされていて、読むことが出来ないようになっている。

『これが教本?』

『パスワードは!?載ってないじゃん!』

ネットを眺めていたら、たまたま目に止まった電子書籍のタイトル。

「手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金世界~ジュエリルワールド」

タイトルが気になったので、興味本位に試し読みしてみたのはいいが、

『お試し短っ!』
『意味わかんないんだけど!』

とその時、車内にアナウンスの声が響いた。

あなたは急いでスマホの画面を閉じて、電車を降りる準備をした。

 

外出先から自宅のマンションに戻ってきたあなたは、いつものように郵便ポストからチラシを抜き取っていた。

すると奥に、小さな小包が入っているのに気付いた。

差出人を見てみると、KARMAREYと書いてある。

「かーまりぃ?」

差出人を思い出そうとしたが、心当たりがない。
部屋に向かうまでの間、ありとあらゆる記憶を辿ってみたが、なにも思い出せない。

あなたは玄関のドアを開け、中に入ると、すぐさまリモコンのスイッチを押す。
TVをBGM代わりに、チラシの選別を済ませていく。

「さて、あとはあの小包か」

戸惑いと好奇心が入り混じる心境の中、ゆっくりと小包を開けていく。

中には、なにやらプチプチにくるまれた手の平サイズの物体。

プチプチを破ってみると、なんと!

クマのアクセサリーが出てきたのだ。

「?」

「・・・こんなもの頼んだかな?」

TVから、いつもの番組のタイトルコールが流れ出した。

22時をまわった。

「やばっ!もうこんな時間っ!」

あなたは、手に取ったアクセサリーを机に置くと、急いでバスルームへと向かうのだった。

あなたの意識に語りかける声が聞こえてくる。

この世のどこかにジュエリルワールドという、命を持ったアクセサリー” ジュエリル ”が住んでいる世界が存在する。

そなたがクリエイターを目指すならば、その世界に散らばっている” スキルのかけら ”を探し出し、彫金に関する知識と技術を習得するのだ。

自身の進むべき道とは如何に?

使命とは何だ?

そなたはその世界で、クリエイターとなるべく修行を積み、新たな自分を見つけ出すのだ!

さあ、パスワードは今ここに。

『夢なのか?』

意識がハッキリしてきたのと同時に、木の香りが漂っているのを感じた。

目を開けてみたが、突然光が飛び込んだせいか、焦点が合わずボヤケてしまった。

しかし、なにか雰囲気が違うことは分かった。

だんだんとその明るさに目が慣れてくると、周りがハッキリと分かってきた。

どうやらあなたは見知らぬ部屋のソファーで眠っていたようなのだ。

目の前のテーブルには、あのクマのアクセサリーがある。

部屋を見渡すと何かの作業場なのだろうか、たくさんの工具が置いてあった。

 

『ここはどこだろう?』

ソファーから起き上がろうとしたそのとき、テーブルに座っていたクマのアクセサリーがひょいっと立ち上がったのだ。

「うわあ!」

お互いにその場で尻もちをついた。

「イタタタタ。」

クマのアクセサリーはもう一度起き上がると、

「こんにちは。」

あなた
「エッ?なにこれ!喋るの!?」

クマのアクセサリー
「お待たせしました。」

クマのアクセサリーは、あなたの前に近づいてきた。

あなた
「動いたっ!?」

クマのアクセサリー
「そりゃ、動きますとも。」
「おおおっと、そうでした。」

「自己紹介を忘れていましたね。」

「オホン!え~ボクはこの通り、しゃべったり、歩いたりできる命を持ったアクセサリーの” ジュエリル ”です。」

「ジュエリルは、クリエイターになりたい人の前に現れて、その方をジュエリルワールドへ案内します。」

あなた
「ジュエリルワールド?」

クマのアクセサリー
「そう。案内するためのパスワードを持ってきましたよ。」
「それと” スキルのかけら ”もね。」

あなた
「?」

クマのアクセサリー
「まずは、その前にあなたのニックネームを決めましょうかね。 」

「っていうか、もう決まってますけどね。」

「これから向かう世界でのあなたのニックネームは”カルマ ”です!」

そう言うと、クマのアクセサリーはペコリとお辞儀をした。

「それでは改めまして、ボクはユフィリー!」

「これからどうぞよろしくね、カルマ!」

「それでは早速、これから教えるパスワードを使って、この書に名を刻み込んできてください。」

「これでカルマは、スキルのかけらを実際に手に入れることができるようになるよ。」

「名前は普段使い慣れているものでいいですよ。」

次のストーリーへ
序章1~彫金に導かれし者

前回のストーリー 第1話 夢と現実の狭間 ユフィリー 「カルマが今いる場所は、夢と現実をつなぐ島 ” ドリームハーフ ”というところです。」 「ちょうどここは、カルマの住む現実世界とジュエリルワールド ...

続きを見る

 

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が身につく彫金世界・ジュエリルワールド , 2019 All Rights Reserved.