鏡面仕上げの方法

更新日:

鏡面

鏡のようなピッカピカの表面に仕上げる方法です。

店頭のショウウィンドウに並んでいる商品は同じ工程で仕上げているものなんですよ。(ただし、使用する機材や研磨材料は各社によって違います。)

用意するもの

  • リューター
  • ペーパーロールサンダー(#240/#1000)
  • セーム皮バフ(軸付き)
  • バフ粉(ポリアートゴールデンなど)
  • 超音波洗浄機
  • スムス手袋
工具の画像チェックはこちら
彫金工具【チェックリスト】

ボクが使用しているおすすめのもの、便利なものなどを一覧表にまとめました。 ネットで購入する方のために楽天やamazon、Yahoo!ショッピングにアクセスできるリンク付きです。 工具の名称をコピーして ...

続きを見る

【動画】シルバー鏡面仕上げの方法

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

この動画でバフがけの回転数を30000回転と言っていますが、20000回転あたりで回してください。

バフがけするときには、持ちやすいスムス手袋をはめましょう。

理由としては2つ。

  1. 研磨物は火傷するぐらいの熱さにまでなってしまうので、その熱さをやわらげるために手袋をはめます。
  2. 素手だと鏡面に磨いた部分に指紋のこすりキズがついてしまうので、そのキズ予防のために手袋をはめます。

シルバー925には「火むら」という厄介なヤツを研磨しなければいけないことがあります。

火むらができる原因は、シルバーを曲げやすくするためにおこなう「なまし作業」や、シルバー同士をくっつけるときに使う「ロウ付け作業」をするとできてしまうのだ。

この火むらの見分け方とできちゃった時の取り除き方を紹介しておきますね。

シルバー研磨の大敵!火むらを見つけ出せ!

メンバーからある質問をもらいました。 それは、シルバーの鏡面仕上げがどうしてもピカピカにならないとのことでした。 原因を聞いてみると、どうやら火むらの取り残しと、研磨不足が原因のようです。 さてここで ...

続きを見る

火むらの取り除き方と見分け方

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

 

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.