アクセサリー解剖学ツール

更新日:

アクセサリー解剖学ツールとは

実際に起こりうるシチュエーションと持ち寄ったデザイン(イメージ画像や3面図)から、条件を読み取り、最適なアクセサリーの作り方パターンを導き出せるよう体系化したツールです。

Accessories Anatomy Tool(アクセサリー解剖学ツール)のそれぞれの頭文字から「AATool」と名付けました。

AAToolの使い方

シチュエーションを考える。

まずは今あなたが取り組もうとしているアクセ制作のシチュエーションを考えてみよう。

こちらがシチュエーションのサンプルになります。

シチュエーションサンプル

自分発信

(自分発信とは、自分自身が考えてアクセ制作を取り組もうとすること。)

  • ネットで販売する指輪を制作する。
  • イメージ画像(3面図)は、自分で用意する。
  • 素材はシルバー925で、鏡面仕上げにしたい。
  • 量産品
  • リングサイズは号数展開を視野に入れた号数で作る。
  • 予算は3千円以内でおさめたい。
  • 原型の納期は2週間まで、量産品の納期は1ヶ月までを目標とする。

あなたが持っているスキル

  • ワックス原型制作

相手発信

(相手発信とは、第3者から頼まれてアクセ制作を取り組もうとすること。)

  • オーダーメイドの指輪の注文が入った。
  • イメージ画像(3面図)は、相手と相談後に用意する。
  • 素材はK18で、鏡面仕上げとなる。
  • 1点もの
  • リングサイズは11号。
  • 予算は3万円以内まで。
  • 納期は2週間まで。

あなたが持っているスキル

  • 地金制作
  • ワックス原型制作

イメージ画像を用意しよう。

自分自身や相手が書いた手書き画や写真・ネット画像などから、制作に必要な寸法が分かる3面図のイメージ画像を用意しましょう。

イメージ画像サンプル

3つの条件をピックアップする。

シチュエーションから、以下の3つの条件に当てはまる答えを導き出します。

作りたい素材は?

シルバー(SV925) 金/プラチナ/その他(K10/K14/K18/Pt900/etc.)

1点もの or 2個以上の量産品

1点もの 2個以上の量産品

どのスキルを使う?

ワックス原型スキル 地金制作スキル

作り方パターン分類表に3つの条件を当てはめて絞る込む。

3つの条件から出した答えを「作り方パターン分類表」にある9つのパターンに当てはめてみて、いくつかのパターンに絞り込もう。

基本的にキャスト・型製作は外注に頼み、最後の仕上げ作業は自身でするものとします。

作り方パターン分類表

各パターンの枠内をタップすると、詳細が表示されます。

パターン1

SV925で作りたい・1点もの・地金制作スキルを使う

作り方の流れ

SV925の地金 ⇒ SV925のアクセ

SV925の地金を直接、切ったり・削ったり・くっつけたりして作り出す。

制作費

SV925の地金やパーツ代がかかる

制作日数

あなたの地金制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

パターン2

SV925で作りたい・1点もの・ワックス制作スキルを使う

作り方の流れ

ワックス原型 ⇒ キャスト ⇒ SV925のアクセ

ワックスでデザインを作り、SV925でキャストして作り出す。

制作費

ワックス代、キャスト代(地金代+加工賃等)がかかる。

制作日数

あなたのワックス制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨の作業時間を確認すること。(1時間など)

キャストして出来上がってきたアクセは、少し縮みます。

作るデザインによって収縮率が変わるため、色々と作ってみて縮む感覚を覚えていきましょう。

パターン3

SV925で作りたい・量産品・地金制作スキルを使う

作り方の流れ

地金で作ったSV925のアクセ(型用原型)⇒ 型取り ⇒ キャスト ⇒ SV925のアクセ(複製品)

SV925の地金を切ったり・削ったり・くっつけたりして作り出したアクセを型用の原型として使い、ゴム型を作る。そのゴム型を使って、SV925でキャストして複製していく。

制作費

SV925の地金やパーツ代、型代、キャスト代(地金代+加工賃等)がかかる

制作日数

あなたの地金制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

ゴム型・キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨の作業時間を確認すること。(1時間など)

パターン4

SV925で作りたい・量産品・ワックス制作スキルを使う

作り方の流れ

ワックス原型 ⇒ キャスト ⇒ SV925のアクセ(型用原型)⇒ 型取り ⇒ キャスト ⇒ SV925のアクセ(複製品)

ワックスでデザインを作り、SV925でキャストしたアクセを型用の原型として使い、ゴム型を作る。そのゴム型を使って、SV925でキャストして複製していく。

制作費

ワックス代、キャスト代2回(地金代+加工賃等)、型代がかかる。

地金よりもワックスから作る場合の方が、制作費がかかってしまいます。

制作日数

あなたのワックス制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

ゴム型・キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨の作業時間を確認すること。(1時間など)

量産の収縮について

ワックス原型からの量産は、ワックス原型をキャストする時に収縮(1回目)⇒ ゴム型を作る時に収縮(2回目)⇒ ゴム型から作ったワックス原型をキャストする時に収縮(3回目)と、出来上がってきたアクセサリーは3度縮むことになります。

なので、フクリンや緻密な配列の石留めデザインの場合、石座が収縮して入らないなんてことがおきないようあらかじめ大きめに作っておくこと。

収縮による誤差を最小限に抑えるためには、型用の原型を地金から作りキャストが1回で済むようにするとよい。

ワックスでの量産について再確認したい方はこちら

ロストワックス製法皆伝の書

「ロストワックス製法でアクセサリーがどのように作り出されていくのか」その全行程を解説すると共に、実際にどのようにワックスを作っていけばいいのか上達する作り方の実践方法も紹介します。 ロストワックス製法 ...

続きを見る

量産用の原型を作る上でのルール

ワックスから型用の原型を作る場合(3収縮) 出来上がった複製品が3回収縮することを考えて、ワックス原型を大きめに作る。 ワックス原型からゴム型を作り複製したものは、1回目のキャストで収縮 ⇒ ゴム型か ...

続きを見る

パターン5

K10/K14/K18/Pt900などで作りたい・1点もの・ワックス制作スキルを使う

作り方の流れ

ワックス原型 ⇒ キャスト ⇒ K10・K14・K18・Pt900のアクセ

ワックスでデザインを作り、K10・K14・K18・Pt900などにキャストして作り出す。

制作費

ワックス代、キャスト代(地金代+加工賃等)がかかる。

制作日数

あなたのワックス制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

キャストを外注する場合は、納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨を自身でおこなう場合、作業時間を確認すること。(1時間など)

パターン6

K10/K14/K18/Pt900などで作りたい・1点もの・地金制作スキルを使う(型取り)

作り方の流れ

地金から作ったSV925のアクセ(型用原型)⇒ 型取り ⇒ キャスト ⇒ K10・K14・K18・Pt900のアクセ

SV925の地金を切ったり、削ったり、くっつけたりして作り出したアクセを型用の原型として使い、ゴム型を作る。そのゴム型を使って、K10・K14・K18・Pt900などにキャストする。

制作費

SV925の地金やパーツ代、キャスト代(K10・K14・K18・Pt900などの地金代+加工賃等)、型代がかかる。

制作日数

あなたの地金制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

ゴム型・キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨を自身でおこなう場合、作業時間を確認すること。(1時間など)

パターン7

K10/K14/K18/Pt900などで作りたい・1点もの・地金制作スキルを使う(直接)

作り方の流れ

K10・K14・K18・Pt900の地金 ⇒ K10・K14・K18・Pt900のアクセ

K10・K14・K18・Pt900の地金を切ったり、削ったり、くっつけたりして作り出す。 (地金屑のロスが出てしまうため、地金を直接加工する手段はあまりおすすめしていない。)

制作費

K10・K14・K18・Pt900の地金やパーツ代がかかる。

制作日数

あなたの地金制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

パターン8

K10/K14/K18/Pt900などで作りたい・量産品・ワックス制作スキルを使う

作り方の流れ

ワックス原型 ⇒ キャスト ⇒ SV925のアクセ(型用原型)⇒ 型取り ⇒ キャスト ⇒ K10・K14・K18・Pt900のアクセ

ワックスを彫って、SV925でキャストしたアクセを型用の原型として使い、ゴム型を作る。そのゴム型を使って、K10・K14・K18・Pt900などにキャストして複製していく。

制作費

ワックス代、キャスト代2回(SV925・K10・K14・K18・Pt900などの地金代+加工賃等)、型代がかかる。

制作日数

あなたのワックス制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

ゴム型・キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨を自身でおこなう場合、作業時間を確認すること。(1時間など)

パターン9

K10/K14/K18/Pt900などで作りたい・量産品・地金制作スキルを使う

作り方の流れ

地金から作ったSV925のアクセ(型用原型)⇒ 型取り ⇒ キャスト ⇒ K10・K14・K18・Pt900のアクセ

SV925の地金を切ったり、削ったり、くっつけたりして作り出したアクセを型用の原型として使い、ゴム型を作る。そのゴム型を使って、K10・K14・K18・Pt900などにキャストして複製していく。

制作費

SV925の地金やパーツ代、キャスト代(K10・K14・K18・Pt900などの地金代+加工賃等)、型代がかかる。

制作日数

あなたの地金制作スキルによって制作日数が変わる。
(自身で制作日数を決められる。)

ゴム型・キャストが出来上がってくる納期の目安を確認しておくこと。

仕上げ研磨を自身でおこなう場合、作業時間を確認すること。(1時間など)

絞り込んだパターンの制作費と納期を求めて、さらに絞り込む。

それぞれの作り方パターンの制作費や納期を求めて、さらに絞り込みを行う。

絞り込みのポイント

制作費は予算内でおさまるのか?
納期までに間に合うのか?

求め方はこちらを参照ください。

想定制作費の求め方

アクセサリーを販売するとなった時に、必ず聞くことになるフレーズがあります。 それは、「いくらで作れるの?」です。 例えば、お客さんがデザイン画を持ってきて、「このデザインと同じものが欲しいんだけど、い ...

続きを見る

納期の求め方

ステップに沿ってすすめていき、納期を算出してみましょう。   step1地金・ワックスで原型を作る制作日数は? これは今のあなたの持っているスキルレベルで変わってきます。 例 2日と半日で制 ...

続きを見る

パターン番号:

制作費:

納期:

地金・ワックスの両パターンが残ったら、どちらかに絞る。

ここまでで地金とワックスの両パターンの作り方が残ってしまった場合は、

  • あなたにとって作りやすい作り方はどちらか?
  • デザインの雰囲気が出しやすい作り方はどちらか?

この2つの視点で考えて、地金かワックスのどちらかの作り方かに絞り込もう。

作りやすい作り方は?

パターン番号:

理由:

デザインの雰囲気が出しやすい作り方は?

パターン番号:

理由:

導き出したパターンで作ってみよう!

用意したイメージ画像をもとに、導き出した最適な作り方でアクセサリーを作っていきましょう!

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.