【手作りアクセサリー3分動画】ワックス爪の石座の作り方

更新日:

ワックスでフォックスでマックス先生だ~

前回のアラベスク模様についての補足です。

ワックスで石留め用の爪をどう作っていくのか、記事の文章だけではイメージできないよ!
制作映像がを作ってよ!という要望がありましたので、早速作ってみました。

このアクセサリーを作ることで、
学ぶことができるスキルはズバリ、

  • ワックスで爪自体を作って立てるパターン
  • ワックスを盛り付けて爪を立てるパターン

この2パターンの爪の立て方をマスターしてもらいたい。

ワックス原型の状態から石留め用の爪が作れてしまえば、
キャスト後にロウ付けするための、材料の用意や作業時間の短縮ができるぞ。

さあて、今日も元気に~彫金で~MAX!MAX!

スポンサーリンク

ワックス爪の石座の作り方

この真ん中の石座にオーバル型(楕円)の石を乗せるための爪をワックスで作ってみよう。

スプルーワックスという棒状のワックス素材をくっつけて爪を立てるのが早いのだが、
このワックス素材を持っていない場合でも、爪を立てることができる2パターンの方法を紹介するぞ。

彫金動画

この映像には、2パターンのワックスの爪の作り方がおさめられています。


この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

必要な材料と道具

  • 糸ノコ&ワックス用のノコ刃&地金用のノコ刃
  • 半丸ヤスリ(粗目)
  • ワックスペン
  • 耐水ペーパーヤスリ(#600、#1000)
  • スプリングゲージ
  • スパチュラ(平刀型)(針型)
  • 精密ヤスリ各種(長方形、正方形、ひし形、三角、半丸、鋭三角、丸など)
  • スポンジヤスリ
  • 刷毛(100均に売っているものでOK)
  • スリ板&クランプ

マックス先生の制作アドバイス

ワックスで爪自体を作って立てるパターン

ワックスを1mm以下に細く薄く削ったりしたものは、折れやすいです。
しかし、その感覚のまま作業してしまうと、どうしても削り足りなくなってしまうのです。

金属になるキャスト品はそう簡単には折れませんので、しっかりと削っていくようにしましょう。

こんな錯覚をしないためにも、
作ったワックス原型と出来上がったキャストを実際に手にとって見比べておく経験を積んでいくと良いですよ。

ワックスを盛り付けて爪を立てるパターン

この爪立ての方法は、ワックスペンでの盛り付けと、1章の「新たな修行」で紹介したワックス玉の応用を使っています。

このワックス原型を作るためには、
切るための糸ノコ
削るためのヤスリ
彫るためのスパチュラ
くっつけたり盛り付けするためのワックスペンなどの
基本となるスキルのテクニックを覚える必要があります。

そのまえの準備として、どんな道具を揃えればいいのかも知識として必要です。

準備からスキル習得までの流れをネットから学べるのがメンバー講読なんです。

それから改めて、この動画を見てもらえるとより理解が深まりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手作りアクセサリーの作り方が学べるWEB彫金本を読んでみよう

タップして目次を開き、次のストーリーへ

?章~リアルな彫金体験の世界へ

WEB彫金本とは別の、本格的な手作りアクセサリーの作り方の知識や技術を自宅で体験できる!

-アクセサリー解剖学
-, , , , , , ,

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.