準備の刻印

パスワードは準備できているか!

この下のバナーをタップして、あなたをこの書に刻み込んでほしい。

この書の先に待っているもの

「物語を読みながら彫金スキルを学んでいく」
この試みに共感してくれたあなたには、
仲間同士が交流できるコミュニティ環境を用意します。
 
実際にボクと一緒にスキルを学んだり、
仲間同士で知識の交換や質問、疑問、意見などの情報のやりとりや、
新たな企画や提案などを考えたりと、
ボクや集まった仲間たちと共に、
より密度の濃い関係で、共存共栄を目指す集合体として活動していきます。
 
ボクの持っている地金やワックスから作るアクセサリー制作の知識や技術、
そして販売ノウハウを余すことなく伝授いたします。
そしてゆくゆくは、ここで学んだメンバーさん専用の販売網を皆で作り上げていきます。
 

なぜコミュを作ろうと思ったのか?

ボクは、教室に通えなくても、皆で切磋琢磨して、彫金の技術や知識を覚えることができ、
そこから新たな自分を発見したり、あなたらしい生き方を見つけることができる、
そんな共通意識を持った人たちが集まる共有空間が作り出せたらな~と、
ずーっと思っていました。
 
だからと言って、教室のような先生と生徒という関係性ではなく、
同じ道を目指していく仲間として関わっていきたい。

皆が学ぶ立場でありながら、
教える立場でもあってほしいのです!

誰かに依存せず、自分らしさを持った仲間たちが、共存できる空間を作りたい。
 
その空間では、スマホやパソコンを使ってウェブ上で学びをシェアできたり、
疑問や悩みなどを話し合えるモチベーション向上や情報交換の場として活用したり、
実際に集まって、実践講習や技術・知識の交換会、お互いの夢を熱く語らう懇親会なんてのもありですよね。

新しい出会いが人生を切り開き、応援してくれる仲間と共に一緒に歩んでいける、
そんな空間があったら良いと思いませんか?

ボクは欲しいと思いましたし、そう考えていたら色々なアイデアが思い浮かんできて、この試みに辿り着いたのです。
 
時が来たのです!

ボクのくすぶっていた小さな炎が、やっと燃え出しました!

ホント遅かったです!

臆病者なんです。

でも、やっと動き出します。
 

きっかけは2週間の学びから

30を過ぎたボクは今までの環境を捨てて、突如、彫金の世界へ飛び込んだのです。

なんの経験も実績もない今までやってきたこととは全くの畑違いとも言える商売なのにです。

「なぜ!?」

周りはまったく理解できなかったらしい。

自分の未来をそこに託せた勇気は、一体どこから沸いて出たのだろう。

今思うと、ボクも不思議でしょうがない。

でもなぜだか、そのときのボクには、「出来るんだっ!」ていうよく分からない変な自信みたいなものがあった。

立地的にも通える範囲の場所に彫金教室があったというのも後押しされてか、
1日体験もしないままに、いきなり教室に入会してしまったのです。

これが、ボクの彫金との始まりです。

そこで、約2週間ほど、技術や知識を教えてもらい、教室を卒業しました。

そんだけ!!

まあ、たった2週間で、なにが作れるんだいっ!てな話ですよね。

それでもボクは、ネットショップを立ち上げたいという思いから、
独学でホームページ制作の勉強をしながら、
覚えた僅かながらの知識や技術で自宅でアクセサリーを作っていました。

その間も、その教室とのお付き合いは続いていたのです。
 

さてさてひょんなことからあるときに、
「教室の講師にならないか?」っていう誘いをいただいたのです。

その教室で学んだ僅かな知識・技術とそのあとの独学だけで教室の講師に抜擢するとは、
ボク以上に無茶ブリなのがボクの師匠さんでした。

(その教室っていうのは、東京では名の知れた彫金教室なんですけどね。)
 
本来まだまだ学ぶ立場の人間だったボクを教える立場に立たせてくれ、
トライ&エラーを繰り返すボクを温かく見守りながら、
9年間も彫金の経験を積ませてくれました。

何も知らない無知なボクでしたが、
「彫金を学びたい、そしてそれで飯を食っていく!」という思いが、
誰かを結びつけ(ボクの場合はその彫金教室の師匠さんが手を差し伸べてくれました)
そしたらそこに予想もつかないような道が出来ました。

学ぼうという行動を起こせば、
”未知”は、”道”へと変わるんです!

それがボクの場合、作る道よりも教える道に生きがいを感じてしまったのですけどね(笑)

ボクのすべてを伝授したい

ボクは運良く通える距離に彫金教室がありました。
だから、スムーズに行動に移せたのも事実です。

しかし、これが通えるような距離に教室がなかったとしたら、もしかしたら、ちょっと話は変わっていたのかもしれない。

もしあなたが、それを理由にモヤモヤと行動が起こせないのであれば、ボクが背中を押してあげます。

あなたが本気ならば、そこに道ができるから。

そして、そんなあなたをボクは応援していきたいと思います。

もうかれこれ、これまでに相当の数のアクセサリーを作ってきました。

この9年間に身につけてきたこと、
ボクがあなたに伝えることができることを一部紹介します。

糸鋸 正確な切り出しで地金を切っていく技術です。
この切るという基本が出来ていないとクオリティーの高いアクセサリーは作れない重要な技術です。
ロウ付け 彫金技術の中で難しいといわれているのが金属同士をくっ付ける”ロウ付け”です。
切ったり曲げたりした地金の板や棒を組み合わせて一つのデザインにしていきます。
多種多様なデザインに合わせて、豊富な経験から導き出されたそのデザインに対してのロウ付け方法を常に考えながら作業していきます。
研磨 削り方や最後の仕上げ磨きの仕方で、そのデザインの印象はガラッと変わります。
そのデザインをかっこよく・可愛くみせることができる研磨技術は、
商品のクオリティを高めるためにも、覚えなければならない大事なスキルの1つなのです。
ワックス 立体的なデザインを好きなように作り出せるのがこのワックス技法です。
頭に思い描いた通りに彫り出したり、盛り付けたりと、自由自在に作り出せるようにします。
そのためにも、ワックスの工具をどう使いこなせるかが上達のカギとなり、
それを導き出すためには豊富な経験が必要なのです。
石留め 石の種類や形などで留める技法がいろいろあるんです。
石は基本、接着剤は使わず、地金(爪や枠など)を加工して留めていきます。
石留めだけは完全手作業なので、多彩な石留めを覚えることでデザインの幅も広がり、
商品価値を高めることができます。
ネットショップ ネットショップの構築から運営、決済会社の導入など
ボクも初めは苦労しました。始め方から運営方法まで、覚えることはたくさんありますが、
初期の設定さえしっかりできてしまえば、あとの管理は意外と楽なんですよ。
集客用ブログ WordPressを使った集客用ブログの運営方法や広告収入の導入方法など。
記事に広告を載せ、そこから収入を獲得しながら、自身のネットショップに集客を呼び込むためのブログを作ります。
画像加工・映像編集 オリジナル撮影ブースの製作から、商品をキレイに撮る方法、画像加工から映像編集まで、
商品撮りからネットショップに画像アップできるまでの流れが分かります。

今のボクが運営するブランドでは、男性が好むハード系のものを主に作っているのですが、

教室にいた当時に、オールジャンルのアクセサリー作りのスキルを教えないといけなかったため、一通りのことは習得しています。

もちろん、商売としての活きた知識や技術です。

希望や目的に合わせて最適なアクセサリーの作り方をアドバイスできる経験は積んできたつもりです。
 

参加特典はこちら

  • 知識0から始める!初心者のための彫金ガイド(全6部)
  • 原型師の技を映像に収録!ワックスで作る指輪制作の流れとその必要工具
  • 通常価格の3分の1で手に入る!?ワックスペン調達の書
  • 工具以外の買い物にも使える!ネット購入模範の書
  • ワックス彫りに欠かせない!3本のスパチュラとそのカスタマイズの方法

 

今後の企画

  • ワックス原型制作で使う基本ワザ(糸ノコ&ヤスリ&スパチュラ&ワックスペン)
  • 地金を切る・削る・曲げる・磨く基本ワザ
  • デザインの幅が広がるロウ付けの基礎知識
  • 売値を高くするための石留め10パターン
  • ネットショップ開業から運営方法まで
  • このアクセサリーの作り方を知りたい!アクセ解剖学
  • 自分で作ったアクセはどのくらいで売ればいいの?失敗しない売値の付け方
  • 原価はどのくらいになるの?売るためのアクセ知識を習得
  • メンバーのリクエストされたパーツを製作、販売
  • 知識を身につけながら、未来の軍資金を貯めよう!集客ブログの作り方
  • アクセサリーの物撮り写真のキレイな撮り方から画像加工までを習得
  • 映像を編集してYoutubeにアップしてみよう
  • 集客につなげるブログをみんなで運営してみよう!
  • 飛躍的に技術を向上!短期集中リアル合宿

などなど・・・

さあ、物語のはじまりはここからです。

この下のバナーをタップしてあなたをこの書に刻み込んでほしい。

更新日:

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2018 All Rights Reserved.