号数展開を想定した指輪の原型作り

更新日:

女性用・男性用・男女兼用と指輪のサイズはいろいろ。

あなたがどのジャンルに向けたデザインの指輪を作るかで、用意する指輪のサイズも変わってきます。

この様々な購入者の指に合うように指輪のサイズを用意することを「号数展開する」と言います。

号数展開の仕組み

号数展開は、指輪を型取りした時点で可能となります。

どんなふうに号数展開するのかというと、

例えば、10号の指輪のゴム型を作ったら、そのゴム型からワックス原型を作ります。

そして、そのゴム型から作ったワックス原型(10号)をカットしてつなげてサイズダウンしたり

ワックスを継ぎ足してサイズアップしたりと、指輪の大きさを変えていくのです。

これが号数展開の仕組みです。

号数展開を考えた指輪の原型は何号で作るべきか?

号数展開を考えた指輪を作る場合、一体どれくらいのサイズに原型を作って型取りすればいいのか?

ゴム型用の原型のサイズの目安としては、

ゴム型用の原型のサイズ

  • 女性用 10号
  • 男性用 16号

用意しておきたいサイズ範囲は?

サイズは個人差があります。

すべてのサイズを揃えておくとなると、1つのデザインだけでも多くの在庫を抱えなければいけません。

そこで通常はよく出るサイズだけを在庫として持っておき、それ以外は受注生産という形をとります。

極力在庫を抱えたくない場合は、偶数号または奇数号だけ用意すると良いでしょう。

在庫として用意しておきたいサイズの範囲は、次のサイズあたりです。

女性用

#7、#8、#9、#10、#11、#12、#13

男性用

#13、#14、#15、#16、#17、#18、#19

資金に余裕が出てきたら、すべての号数をストックしておきます。

【シルバーリング限定】1商品1~2在庫にもかかわらず、手元に無いすべての号数の注文にも即座に対応できる方法

例えばネットショップを運営していて、10号のシルバーリングを在庫として持っているとします。

10号以外の注文が入れば、手元にないサイズなのだから業者にその注文の号数の指輪をキャストしてもらうよう頼みます。

納期は当然かかってしまいますよね。

しかし、キャストを頼まずに、手元にある在庫で対応する秘策があるのです。

その方法とはズバリ!在庫のリングをサイズ直しすることです。

サイズ直しのロウ付けスキルを習得していれば、この方法が利用できますよ。

男女兼用リングを販売する場合は女性用と男性用とサイズの差があるので、在庫を2つ持っていると良いです。

ただし、石が留めてあるリングは基本、ロウ付けできないのでこの方法は適用しません。

 

号数展開用の指輪原型を作る上で注意すべきこと

デザインが歪むことを考えておく

石座のあるデザインや凹凸感のあるデザインの場合、 極端なサイズアップやサイズダウンをすると、宝石がうまくはまらなかったり、デザインが少し歪んだりします。

例えば、スカルリングなどの造形デザインの場合、同じ顔デザインのものでも極端なサイズダウンやアップにより、それぞれ見た目の印象が変わってしまいます。

原型と比較してデザインや機能性に問題のない歪みの許容範囲がどのサイズまでなのか、確認しておく必要があります。

サイズ調節できる部分を確保する

キャストを外注する場合、全周にデザインがあるものはサイズの調節が出来ません。
(繋ぎ目のデザインが崩れても構わないならば、引き受けてくれる外注先があるかもしれませんが。)

なので、サイズ展開したいものはリングの底部分を、

サイズダウンしたい号数分+α」の長さ分、デザインのないプレーンなリング表面にしておきます。

長さは号数1号に対して=1mmで計算します。

例えば、5号分サイズダウンできるリングを作りたいならば、5mm+αのプレーンな表面部分を用意しておくのだ。

型取り前の指輪原型に刻印を入れる場合、サイズ調節する部分に刻印を入れないように注意しよう!

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.