ミル模様の覆輪留め

更新日:

用意するもの

使用材料

  • ラウンドのファセットカット(5mm)
  • ラウンド型の覆輪枠

必要工具

石留め

  • 覆輪用タガネ
  • おたふく槌
  • 回転バイス
  • ヒートクレイ
  • 球ぐり工具(ナナコ)
  • トリプレットルーペ
  • セロハンテープ&はさみ

仕上げ

  • リューター
  • ペーパーロールサンダー(#240・#1000)
  • セーム皮バフ
  • バフ粉

今回登場した注目の道具

球ぐり工具(ナナコ)

ハンドルとナナコのセットです。
石留やミル打ち、半球などの加工に使用します。
12本組と23本組のセットがあり、大きさ毎に単品でも購入できます。

ナナコの大きさは、No.0の直径0.25mmから0.05刻みにNo.22の大きさまで揃っています。

大きさ(No.) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
直径 Φ(ファイ) 0.25 0.30 0.35 0.40 0.45 0.50 0.55 0.60 0.65 0.70 0.75 0.80 0.85 0.90 0.95 1.00 1.05 1.10 1.15 1.20 1.25 1.30 1.35

 

【映像で学ぶ】ミル模様の覆輪留め

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

ぷっくりキレイなミル模様の覆輪留めにするには

ミル用の覆輪枠は、通常の覆輪枠よりも傾斜部分の厚みを残すことによって、ぷっくりしたミル模様が作りやすくなります。

ナナコの打ち方

例えば、No.10の大きさ※のナナコで覆輪の全周をミル打ちします。(おたふくで叩いてもOKです。)
しかし、ミルの中心は平らのままです。
(※覆輪の枠の幅によってナナコの大きさは変わります。)

そこで、一つ下のNo.9のナナコに大きさを落とします。

矢印方向にナナコを倒しながら、角の赤部分を削ぎ落として丸みをつけていきます。

全周の角を削ぎ落として平面部分をなくし丸みをつけていきます。

最後にぐるりと回転させながらナナコをこすりつけて、ミル模様を磨きながら丸みを整えたら次のミル模様に移ります。

角のある覆輪のミル模様について

マーキスやスクエアなどの角がある石はどこから打ち始められばいいのでしょうか?

例えばスクエアなら、はじめに4角にミルを打ち込み、その4角からそれぞれの中心に向かってミル打ちをすすめていき、ぶつかり合う少し手前あたりからミル打ちの間隔の帳尻合わせをします。

 

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.