ラウンドのファセットカットを覆輪留めしてみよう!

更新日:

用意するもの

使用材料

  • ラウンドのファセットカット(5mm)
    キュービックジルコニア(クリア)
  • ラウンド型の覆輪枠

必要工具

石留め

  • 覆輪用タガネ
  • おたふく槌
  • 爪倒し
  • 回転バイス
  • ヒートクレイ
  • トリプレットルーペ
  • セロハンテープ&はさみ

仕上げ

  • リューター
  • ペーパーロールサンダー(#240・#1000)
  • ラジアルブリッスルディスク(ブルー)
  • シリコンポイント(UFO型茶色)
  • スパチュラ(針タイプ)
  • セーム皮バフ
  • バフ粉

石外し

  • コジアケ(爪起こし)

【映像で学ぶ】ラウンドのファセットカットの覆輪留め

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

基本、タガネを使って覆輪留めしていきます。

タガネで叩いた振動で石が傾いたり外れたりするので、石の直径よりも細くカットしたセロハンテープを石の上に貼って覆輪を固定させます。

タガネの打つ位置は、向かって石の反対側の時計の10時から2時の範囲内で叩いていきます。

倒し方は、対称で留めていくのが基本なので、バイスを回して倒す位置を移動させます。
1⇒1’と倒したら、続いてクロスの2⇒2’と倒し、斜めクロス3⇒3’、4⇒4’へ、さらにその間を対称に倒し、ぐるりと一周、均等に倒して留めていきます。

片側だけを一気に伏せようとすると、石が傾いて留まってしまいます。
一度に倒そうとせず、順番通りに一通り軽く倒すことを何度か繰り返して、徐々に留めていくことを心がけよう。

【映像で学ぶ】覆輪の石外し

この映像では一部、音が流れます。音量を確認してからご視聴ください。

今回登場した注目の道具

シリコンポイント

形は大きく分けるとUFO型と砲弾型の2種類となり、それぞれ大きさ・厚みの違うものがあります。
凹凸のあるデザイン部分の隙間やペーパーロールサンダーで届かないような箇所を磨く時に使います。

5色の色分けによってシリコンの硬さや粗さが違っています。
一般的には、茶色で形を整えたところを、最後に青緑色で仕上げるといった感じで使用します。

硬さ 粗さ
濃いグレー 硬い 粗粒
ワインレッド 硬い 細粒
薄いグレー 中間 細粒
茶色 柔らかい 細粒
青緑色 柔らかい 微粒

ラジアルブリッスルディスク

イエロー #80~#120 粗仕上げ・粗梨地
ブラウン #220~#320 粗仕上げ・粗梨地
ブルー #400~#500 極小の梨地
ピンク #600~#800 中仕上げ
オレンジ #1500~#3000 仕上げ
グリーン #6000~#8000 鏡面仕上げ

マンドレール(Ф2.34mm軸)

こいつにスパイラルホイールやバフなどを装着します。

研磨の粗さはイエロー⇒ブラウン⇒ブルー⇒ピンク⇒オレンジ⇒グリーンの順に細かくなっていきます。

マンドレール(軸棒)に必要に応じて1枚や数枚重ねとディスクの枚数を自由に付け替えて使用します。

ペーパーロールサンダーで届かないような角部分や狭い箇所の研磨、バリ取りにとても便利です。

コジアケ

石留めしてある爪を起こす時に使いますが、時計の裏蓋枠等のコジ明けにも使用されています。
100均でも見かけますよね。

 

このページの内容は会員様限定です。
ユーザー名とパスワードをお持ちの方のみ閲覧することができます。

メンバーになるには?
こちらのページをお読みください。

既存ユーザのログイン
   

Copyright© 手作りアクセサリーの作り方が自宅で学べる彫金本 , 2019 All Rights Reserved.